オールインワン化粧品選びには

化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地どれも4役、5役もこなしてくれるオールインワン化粧品は、忙しい女性に必須で、時間、価格も手間も節約できます。


しかし、スキンケアコーナーにたくさんのオールインワン化粧品が並び、どれを選べばいいかわからないという気もしてくるでしょう。

店頭に並ぶオールインワンのものは、コラーゲン、ヒアルロン酸など配合されているものが多く、そこにプラスワンどういった成分が入ってるかが選ぶポイント。

そのためスキンケアに何を求めるかが大事です。

美白効果を期待するならビタミンC誘導体、アルプチン配合のものがいいでしょう。

ビタミンC誘導体は、強い抗酸化作用で、肌の活性酸素を抑制して、肌全体のくすみをなくす、肌色のトーンを明るくする効果が。

アルプチンはハイドロキノン誘導体と呼ばれていて、肌の奥のメラノサイトに働き、シミ、そばかす予防と、デキタシミをこれ以上濃くさせない効果が。

ビタミンC誘導体配合のには、極潤 美肌パーフェクトゲルDHC薬用Qクイックジェルモイスト&ホワイトニング、アルプチン配合には、ワンデリペアホワイトゲルなど。

潤い、保湿に重きを置きたければ、セラミド配合のものがよく、これは肌の角質層の細胞間脂質という重要成分であり、外部刺激から肌を守ります。

セラミドが少なくなれば角質バリア機能が衰え、乾燥、肌荒れを引き起こし、元から乾燥肌の方は必須成分です。

セラミド配合タイプは極潤 パーフェクトゲル、アクアセラミドゲルなど。

シミ、たるみ予防、肌のハリなどにレチノールが有効。
レチノールはビタミンAの一種で抗酸化作用があります。

肌のターンオーバーを助ける、コラーゲン生成に働きかける作用があって、美肌、美白サポートや、肌にハリを持たせる効果が。

そして皮脂過剰分泌をコントロールする効果があることで、ニキビ予防に効果がある成分。

レチノール配合製品は、CPホワイトゲルP、ダーマモイストゲルなど。

最近安いのが増えてますが、一つで何役もしてくれるオールインワンはそれなりに高くて量も多いです。

もしも使用感が悪ければ、無駄遣いになりますから、使い心地は配合成分と同じぐらい大事です。

ですので試供品があれば、もらって試す、点灯にサンプルがあれば手の甲に塗り使用感を確認を。

始めて使うものなら、少量サイズから試してみるといいでしょう。

保湿成分が強いのはしっとり感が強いです。そして、ゲルタイプ、クリームタイプをくらべれば、ゲルのほうがさっぱり。

使用感が好きでなければ、手持ち化粧水を混ぜ濃度調整や、一度塗る量を少なくし、やや伸ばし気味に使ってみればいいです。

そして首、手の甲など年齢が気になるところに使ったり、ボディーローションと混ぜ全身のケアに利用しましょう。

旅の目的に合わせ海外ホテルを選ぶには

私は旅が趣味で何度か海外に行ってます。ホテル選びの前に、何を目的に旅するかも大事で、買い物目的なら、目当ての店の多い地域、リラックスが目的であれば郊外と、自分の旅のイメージを考えホテルを探してみましょう。

個人旅行でホテルを選ぶときは、立地はとても大事で、滞在期間が短ければ移動時間も無駄にできず、宿泊ホテルが目的地から近く、あるいは公共交通機関の便がいいなどは大事。

ですが、国により治安が悪いところもあり、立地がいいにかかわらず、ほかの地域に比べ宿泊料金が全体的に安いところは調べてみたほうがいいです。

大都市なら、ホテルを変えながら移動、観光してみるのもいいです。
素敵なホテルの多い地域は、ホテルを目的に訪れてみたり。

宿泊地域をある程度搾れば、次はどのホテルにするかで、設備は気になります。日本人なら、お風呂にバスタブがほしいと思う方も多いですが、海外はシャワーのみのところが多いです。

5つ星レベルなら問題ないですが週宿泊費を節約したければ、駅から3分以内、朝食はルームサービス、wi-fiが使えないと困るなど譲れないものを何にするかも大事。

場所、必須項目が決まれば、次は価格で、今ネットで簡単にホテルの様子が調べられ、どんどん活用しましょう。

実際宿泊した方の意見はとても参考になり、写真も、ホテルが提供するよりリアリティがあって、部屋の様子、使い勝手も想像できます。

そして、ホテル予約サイトは、自分が使いやすいものを探し、出発前に日本円で決済できるか、あるいは現地で現地通貨決済か、キャンセルできるのかなどサイトによってポリシーが違います。

トラブルの時の対応が2時間かどうかもよく調べ予約を。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら