福島市が公表した10月分の家庭で利用する食品中の放射性物質測定検査の結果、キノコのコウタケから1kg当たり1万1197ベクレルのセシウムを検出した。マツタケからも高濃度を検出した。

10月に、出荷分ではない自家消費分として、市民によって各検査所に持ち込まれた食品の測定件数は2984件。このうちセシウムの検出率は8.8%。基準値(一般食品、1kg当たり100ベクレル)を超過した物は2.6%だった。

出典 http://rief-jp.org

先日も福島産の食材で料理した弁当が東京駅で発売されたというニュースがあった。食べて応援というキャンペーンを隠れ蓑に福島産の食材が全国に配送されているが汚染の沈静化という事実はどこにもない

もっともセシウム濃度が高かったのは、秋の味覚で知られるコウタケ(イノハナ)で基準を100倍以上上回る1万1197ベクレルだった。マツタケも2867ベクレル、また市民が調理して持ち込んだマツタケご飯からも2433ベクレルが検出された。

このほか、基準を超過した食品はイノシシ肉(1144ベクレル)、栗(271ベクレル)、くるみ(183ベクレル)、ウサギ肉(165ベクレル)、銀杏(124ベクレル)、カヤの実(106ベクレル)などだった。

出典 http://rief-jp.org

これらのデータは福島県の発表を基にしている。
問題なのは基準値超過率が少ないので安全だとは言えない点なのだ。
公式に発表された内容だけを辿っても基準値そのものが事故の後10倍に跳ね上がり、さらには検査機そのものの数値改ざんが過去に何度も報道されている。
たとえば鳥インフルエンザのとき、たったの1羽が感染したというだけで半径2kmとかに飼育される鳥全頭が殺傷処分になる始末・・・さて、放射能汚染が安全だという神話は、どのようにして誕生していくのだろう?

この記事を書いたユーザー

photo21essay このユーザーの他の記事を見る

photo essayist Show 写真家です
お出かけスポットの紹介など新しいライフスタイルの提案などを
行います。<想いを残す>写真の楽しみ方なども併せてご紹介できればと思います

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 恋愛
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス