出典 https://www.yahoo.com

スターバックスで注文すると、名前の他メッセージを書いてくれたりし、ネット上でもその心遣いが素晴らしいと話題になっています。

「いつもありがとうございます」というメッセージから、受験生に「がんばれ!」のメッセージまで、そのホスピタリティには驚かされます。

誰でも素敵な言葉をもらったら嬉しいもの。

今回はスターバックスの店員の言葉に生きる希望をもらった女性の話を紹介します。

親愛なる、スターバックスのみなさんへ

あなたは私が誰であるかも、私にどんな事が起こったのかも知らないと思います。
それでも一番大切なことは、あなたはたぶん覚えてはいないと思いますが、あなたが私の注文した飲み物に書いてくれたシンプルな「smile」という言葉が私の人生を良いものに変えてくれたということです。

私を見たとき、あなたは私を元気で明るくて幸せな人だと思ったかもしれません。
だけどそれは違うのです。

その嬉しそうな笑顔の裏には、ぼろぼろになった私がいることをあなたは知らないでしょう。
私は自分の事が嫌いで、その人生の半分以上もの時を拒食症で苦しみ、5回も自殺を試みました。

あなたは私の数週間がひどいものであったことも、特にその日が最悪の日であったことも知らないと思います。
あなたはただ自分の仕事をしただけで、私のドリンクに書いてくれた魔法の言葉が、私のひどい1日を、そして人生を明るくしてくれたことに気がついていないでしょう。

たぶんあなたは私の栄養管をみて、「smile」と書いてくれたのかもしれません。
もしくはあなたは私を知っていて、私がかつて無理して作った笑顔をみたのかもしれません。どちらにしても感謝します。

あなたは私のオーダーを特別なものにする必要はなかったのです。
私を他のお客さんと同じように扱うことだってできました。
だけどあなたは私のために時間を割いてくれて、最近悲しいことしか起こらなかった人生に、素敵なことを起こしてくれたのです。

私の人生は病院に通い、辛い治療ばかりです。絶望しかない人生で自殺願望が高まるばかりでした。
何も食べたくない、そんなときに唯一飲むことが出来たのがコーヒーです。
でもその日は、そんなコーヒーですらも飲むのが怖かったのです。
もしあなたがくれたコーヒーに出会わなかったら、私はその夜、自分を傷つけていたかもしれません。あなたの言葉を読んだとき、文字通りに笑わずにはいられませんでした。

小さな行いでも誰かにとっては大きな意味を持つときがあります。絶望の中に希望を与えてくれるのです。今私は、この希望をみんなに伝えようと思っています。
スターバックスさん、ありがとう。
私の人生を変えてくださり本当にありがとうございました。

出典 https://www.yahoo.com

出典 https://www.yahoo.com

このメッセージを書いたBekah Georgyさんです。
彼女は今、拒食症や鬱などの病気と闘っています。

辛くて辛くてどうしようもない時、誰かのちょっとした優しさに救われることがあります。

スターバックスの店員さんにとって、何気なしに書いたのかもしれないこの「smile」という言葉は、病気で苦しむ女性に希望を与えました。

今回の店員さんの心遣いを真似し、誰かを幸せにできるような生活を送ることができたら素敵だなと思います。


この記事を書いたユーザー

R.N.N このユーザーの他の記事を見る

アメリカに留学中の大学生です。日々の暮らしで見つけた面白い発見を記事にしていきたいと思います。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら