エピソードの多い明石家さんまさん

ファンを大切にしたりなど、とても気さくな性格が垣間見えるエピソードが多い明石家さんまさん。沢山のテレビ番組の司会、ゲスト出演をされていて、どのテレビ局にチャンネルを合わせても見るイメージがありますよね?でも一時期テレビ局から降板させられる危機に陥った事があったそうです。
その事についてラジオ番組でエピソードが披露されたのでまとめてみました。

週刊誌に売られた「デマ」

さんまさんは、人気の出だした若手時代、週刊誌にデマを売られてしまい、ウソのスキャンダル記事を載せられてしまったのだそうです。

関西のテレビ局からは降板

そのウソのスキャンダル記事のイメージが悪いということで、関西のテレビ局からは降板を言い渡され、出演番組が無くなってしまいました。
でも、MBS放送の「ヤングタウン」とフジテレビの「俺たちひょうきん族」だけは出演を続けさせてくれたのです。

ひょうきん族からは表彰される

そんな中、「ひょうきん族」のスタッフからは、「話題を作っていただいた」と表彰されたのだそうです。なんともユーモアがあります!

明石家さんま:「これだけ話題を作っていただいて、フジテレビとしては表彰致します」って。「フジは表彰したのに、大阪は降ろすとは何事や」と。

出典 http://numbers2007.blog123.fc2.com

恩義を感じて

ウソのスキャンダル記事だったとはいえ、そんな時に表彰までしてくれたフジテレビのスタッフたちに恩義を感じ、仕事をしていこうと思ったのだそうです。

フジと『ヤンタン』は若手のディレクターたちが守ってくれたから。これは、コイツらに恩義を感じてやろう、と。

出典 http://numbers2007.blog123.fc2.com

あの時、全局が「さんまを降ろす」って言ったのに。だから俺はフジテレビはずっと出てて。

出典 http://numbers2007.blog123.fc2.com

いかがでしたか?

フジテレビのスタッフに助けてもらった恩義を感じフジテレビの番組に出続けるさんまさん。ピンチに見舞われた時に守ってくれたり、助けてくれる人は本当にありがたい事ですよね。

この記事を書いたユーザー

Touko このユーザーの他の記事を見る

2人の娘を持つ母親です。プチプラな情報に敏感。しまむらなどのプチプラなお店が大好き。なのに元百貨店販売員(笑)

権利侵害申告はこちら