オアフ島でビーチウエディングにかかる費用は

婚約しお互いの家族にあったら、挙式の準備。


どこで結婚式したいか、どんな式に死体かを缶gなえるのは、とても楽しくわくわくすることでしょう。何となく海外で挙式してみるのもいいかもと思うカップルも沢山います。


わたした体験したオアフの挙式で、かかった費用と説明をします。


私も旦那も転職を繰り返したり、比較的自由に生きており、結婚前貯金はほとんどなかったです。結婚が決まってから仕事を2つ掛け持って、なるべく貯金して、ようやく3桁まで貯金できました。そのご家族から祝い金で約100万もらって、少しずつ挙式を考える余裕が生まれました。


そこで結婚相手と何回も話し合って、結婚式にかける費用をきめたら、私たちは40~60万が限界。

実は私は、最初から日本ですることを考えておらず、ハワイの海、ダイヤモンドヘッドを背景に行いたいというのが夢で、いろいろ調べてみると、ビーチウエディングという方法を思いついたのです。

ビーチウエディングはその名の通り、ビーチで挙式することで、どこも保護されてますから、ビーチウエディングするには許可証をとることになります。そこで経験豊富な業者に頼った方がいいでしょう。

ハワイは結婚式を完全サポートしてくれる業者が複数あって、ビーチウエディングは、許可証取得、送迎、ヘアメイクなどすべてパッケージになっていて、日本円で約20~40万。

ウエディングドレス、ブーケなどアップグレードするには値上がりしていきます。

実は挙式で困るのはご祝儀で、もし友人が来ても、高いお金を払ってきてくれたのに、さらに結婚祝いをいただくのは難しいかもしれないです。


私は日本から親戚、友人も来てくれて、ご祝儀をいただくことはやめました。これは事前に旦那と話し合ったほうがいいでしょう。


挙式自体予算を控えられても海外挙式は渡航費を考えることになります。

誰を呼ぶか考えて、呼べる日取り、時期を想定し渡航費を調べることがいいでしょう。

6月はジューンブライドですが、ハワイ行きチケットは安くて、ホテルなどこだわらないとチケット、ホテルがセットになったのが約10~15万程度。

ハワイ行きチケット料は都度変わりますから、こまめに旅行会社をチェック。

海外で挙式することは早めに家族、友人に話してください。家族はこれ手もわざわざ休みを取り来てくれる友人は少ないかもしれないです。

ビーチウエディング自体、約40分で終了し、私はそのご家族、友人と楽しい披露宴をしたいと思ってました。

披露宴はランチタイムにするとディナータイムより節約でき、ランチのコースメニューはディナータイムより比較的リーズナブルだから。ですが、参加数により加算され、人数設定は早めに明確にしましょう。

私はハワイがすきで何回もいったことがあり、ビーチウエディングは業者さんにサポートしてもらったのですが、いろいろアップグレードすると値上がりするので、例、ケーキのオーダーなど自分でお店に行って予約しました。

ここで約3万程度節約。

そして、披露宴の場所も以前食事経験があるレストランが気に入って、これも自分たちで予約。何度もハワイに行っている方は、自分たちでできることは自分でやってください。

ハワイは比較的日本語が通じます。

無理しない貯金のコツを紹介

給料が多い少ないにかかわらず、なぜた月末は金欠になるといったことは多々あり、私もそうした貯金できない一人。そんな中貯金できるようになった方法を紹介。

家賃、光熱費などはじめ携帯代など毎月払わなくてはいけないお金を最小限にして下さい。毎月出るお金は、その月々では仕方ないですが、年間計算すればすこしの差でもかなり大きな額に。

何に重点を置くかが大事で、家賃は交通費がだいたいの会社は支給され、そうなればどの場所に住むのが家賃が安いかを研究し、通勤時間がゆする限り、住みたい家で家賃が安いとこを探すのがいいでしょう。

7万で会社に近い賃貸から30分はなれたところに同じ広さで6万の賃貸にひっこしする、年間12万の誤差があることに。

極端な方法ですが、1日千円しか持たないと決めてしまうこと。

毎日の手持ち額を自分で決めることで、毎月の小遣い額がわかりやすくなり、これは逆に給料と見合わせ、自分の貯金目標額を決めてから設定してみましょう。

私は1日1500円と決めていて、小遣い月45000円という計算。

たばこ2箱で820円。残り680円は次の日回す時もかなりあり、次の日680円プラス1500円。

こうして残ったお金で週1回は居酒屋に行ったり、好きな物を買ったりしました。

毎日食べる食事、雑誌、本などは、やはりほしくなるのは当然で、趣味のものは、金額が大きいもので車などを買うをの考えるでしょう。
同じのを購入するのでもディスカウントのスーパーで弁当を買ったり、本は古本屋で買ったり、今はネットショッピングでとてもいろいろなものが安く買えますからネットをつかったりするのも節約に。

パソコンなどの危機を使って安く買い物できる情報をたくさん持ちましょう。

すると同じものでもかなりの差額で買える商品が見つけられます。

価格.com

ショッピングすると、これがほしいと思ったりしてしまうものですが、その時買わなくても自宅に帰ってもやっぱりほくなったら、その商品で頭がいっぱいに。

結局また数日後に行き購入したが、そんな必要ではなく使ってなかったり。

冷静になって本当に必要かよく考えましょう。

貯金が今回前提ですから、そのことも頭に入れ、考えれば以外に必要なのは少ないと思えてきます。



この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら