テロ組織「イスラム国(IS)」はトルコの闇市場でイラク産石油・ガスを大量に販売していた。8か月間の売り上げは8億ドル。国際価格の半額で取引されたという。イラクの元国家安全保障補佐官で議会会派「法治国家」のリーダーのひとり、ムワファク・アル・ルバイ氏が述べた。

出典 http://jp.sputniknews.com

先日、ロシア大統領プーチンは20か国以上がISに資金提供している。その資料があるとG20で暴露した。今後、ますます貴重な情報がマスコミよりもネットから提供されることを期待したい

「この8か月でイラク産石油・ガス8億ドル分がトルコの闇市場で販売された。価格は国際価格の半額だった」。スプートニクの取材に対し、ムワファク・アル・ルバイ氏が述べた。
「これはいわばISへの酸素補給であって、酸素の流れを止めれば、ISは窒息する」とムワファク・アル・ルバイ氏。
水曜、ラヴロフ外相は、ロシアの爆撃機Su-24がシリアで撃墜される直前に、ISの石油施設が破壊されるということがあった、と指摘している。
先にシリアのムアレム外相は、トルコのエルドアン大統領の息子はISとの石油取引に関わっていた、と述べた。
ロシア大統領府のペスコフ報道官も、エルドアン大統領本人が石油ビジネスに個人的な関心を持っていたという情報をロシアが入手していることを明かしていた。

出典 http://jp.sputniknews.com

ISへの資金提供はトルコというより、むしろエルドアン大統領への言及に発展するのは、過去のイラクの故フセイン大統領のシナリオに似てくると、またきな臭さが漂い始める

トルコ大統領息子がISIS原油密輸を担当

↑トルコ、エルドアン大統領の息子とISIS幹部の集合写真w

トルコには露軍機を撃墜する理由はなかったけれど、エルドアンにはあったようです。

「トルコ大統領息子がISIS原油密輸を担当」しているわけです。

トルコの原油輸送トラックを500台もロシアに破壊されては、エルドアンも怒り心頭でしょう。

出典 http://richardkoshimizu.at.webry.info

かつてヒットした映画、マトリクスの世界が展開されているようで気味悪く思う人が多いのではと思う
ネット社会で情報が自由に行き来できるようになり建前の二重三重構造に穴が開いたかと思えばまた新たな幕が張られたりと健全であったはずの善良な市民は古代社会の奴隷のように時として思えてしまう

=字幕転載=

ISISがイラクで盗む原油はトルコ大統領の息子Bilal Erdoganの会社BZM Ltdが輸送している。

ロシアのプーチン大統領はG20でトルコの原油輸送トラックの衛星写真を見せることでISISスポンサーの国を非難した。

ロシアとアメリカはISISの収入源を断つことを決定。

ロシアはこれまでに500以上の輸送トラックを破壊した。

ロシアはフランスにも協力を要請している。

出典 https://youtu.be

もう情報戦争真っただ中・・・の感が強い
その最前線は私たちの生活に身近になったネットというメディアなのかもしれない

この記事を書いたユーザー

photo21essay このユーザーの他の記事を見る

photo essayist Show 写真家です
お出かけスポットの紹介など新しいライフスタイルの提案などを
行います。<想いを残す>写真の楽しみ方なども併せてご紹介できればと思います

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • 恋愛
  • ファッション
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら