オークションでフォーマルウエアを入手

わが子の晴れ舞台の入学式、私はフォーマルウエアを無料で用意でき、その経験を紹介。
ダークグレー、ネイビーなどシックな色合いのシングルスーツに、暖色系のネクタイを合わせるのが主流で、ストライプが入り素敵。個性派の方は茶系、細かい千鳥格子柄などお揃いポケットチープがあればいいでしょう。

パンツとソックスがくっつくものは、やぼったくなります。
動いてるうち、パンツが下がってくることもあり、サスペンダーがあれば安心。


ヤフーオークションで購入。中古以外に新品もあり、使用頻度が低いもので、中古でも構わないですが、型の古いものは避けてください。

試着できませんから、サイズを入念にチェックしてください。着丈・袖丈・また下など手持ち服と比較してください。
年末から3月は一般的に準備期間で相場が上がり、シーズンをずらすことがコツ。

わたしは夏に購入しました。早い時期買うときはこの成長を予測することが大事。

3~4つボタンのダークグレースーツを狙いました。1年生らしく股下はハーフ。

新品4個ボタンのチャコールグレースーツを落札。ジャケット・パンツ・ベスト・ワイシャツ・ネクタイ・サスペンダーがついた6点セットで4千円で落札できました。

ベストがついていて、体温調整しやすく、6月結婚式に招待されたときベスト&パンツで出席しました。
クリーニングオークションに出品し、年末~2月ごろ出品すれば高く売れるでしょう。上記スーツは3回着用し、ほぼ同価格で落札されました。

おさがりをもらえれば無料ですが、お礼をしなければならないならお金がかかります。オークションは手間いらずでかなり節約可能です。

自宅でヘアカラーするには

気軽にヘアカラーができる市販ヘアカラー用品ですが、美容室に行きヘアカラーすれば5千円以上かかります。

節約のため自分で行う方も多いでしょうが、実際自分でやってみるとムラになったりうまくできないことも。

そうしたとき自宅できれいにすることができるコツがあります。

先ず一人でするのではなく友人や家族に立つだってもらい、これはなかなか自分で見えないところをカラーするのは苦労しますし、時間がかかるからです。

ヘアカラーの時間配分、染める順番も大事で誰かにしてもらえればムラもなくなり、几帳面で手先が器用な方ならますます綺麗にヘアカラーが行えます。

知り合いの美容師から聞きましたが、ヘアカラーをしたら、シャンプーするまで少し時間をあけますが、その時ラップに頭をかぶせます。
そうしてみれば、ムラがなくなり、自分でヘアカラーしたときもすこしでもムラがなくなるよう、ラップをかぶせ、カラーが浸透してくるのを待ってください。

ヘアカラーを自分でする方で説明を読まないで自己流でする方もいますが、家で行うには時間配分、染める順がしっかり書いてある説明通りにしてください。

素人が自分の好き勝手すれば、上だけ明るくなったり、時間をあけすぎて思ったより明るくなってしまったなど失敗を耳にします。

ヘアカラーをする前しっかり説明を読み、カラーをしてください。




火災保険をうまく選ぶには

火災保険に入るときに補償額を正確に把握しましょう。 
これを正確に把握するということは、いざといったとき何をいくら補償してほしいかということ。

補償してもらいたいのを明確にすれば保険額も変化します。
場合によってかなり保険金を節約できます。

火災保険が補償対象にしているのは2つ
家と家財でこれらは別の取り扱いになってます。

火災保険い入るとき、補償対象の選び方があり、家を補償は家財は対象にしてなく、持家なら、高価な家財を持ってない時に最適。

家財補償は、家を対象にしてなくて、賃貸住宅に生活してる時最適。

安い家財で生活してるとき評価額のほうが高くなることも。

家と家財の保証は持ち家に暮らして高い家財を持ってない時最適。

一つで高い家財は正しい評価額として保障してもらいたいとき個別契約することに。

具体的には30万以上の貴金属、美術品。

家財は基本個別に補償されず、家財が全体として評価され、評価額が決められます。

評価額は世帯主年齢と家族構成から算出。標準的な評価額になるのはそのため。

高い家財を持っているときや、もっと評価してもらいたいと思っているとき以下を抑えると、保険内容、補償額に納得できるでしょう。

家を補償してもらう・全体としての標準評価額の家財補償は契約しない・個別に家財を補償してもらう

高い家財は補償対象なのかと契約時確認をとる必要があります。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら