タイツやストッキング、すぐ電線しちゃう。

Licensed by gettyimages ®

このようなこと、ありませんか。特にストッキングやタイツは、オフィスに勤めている方やファッションでこだわりをもって使用している方には必需品ですよね。今日はタイツやストッキング少しでも長持ちさせるコツをご紹介します。

高価なストッキングが必ずしも長持ちするとは言い切れません。

このような経験、ありますよね。オシャレなストッキングやタイツだと、なおさら凹んでしまいそうです。

慌てているとき等、ありがちですよね。

少しでも長持ちさせる為に、心がけた方が良いことは?

その1:ストッキングやタイツは、手洗い。

Licensed by gettyimages ®

薄く、デリケートな素材で出来ているストッキングやタイツを洗濯機で洗うとお洗濯中に電線してしまうことも。デリケートな素材は洗う時も丁寧に扱いましょう。

ストッキングには手洗いがオススメ
デリケートなストッキングは、手洗いするのがオススメ。手でひとつひとつ丁寧に洗えば、他の衣類とからまったり、服のチャックなどに 引っ掛けてしまう恐れがありません。

出典 http://qtto.jp

他のお洋服と絡まる、ファスナー等に引っ掛けてしまう等、ちょっとしたことで電線したり穴が空いてしまいます。気をつけましょう。

その2:どうしても洗濯機を使用する場合は、ネットに入れて洗う。

Licensed by gettyimages ®

毎日ストッキングやタイツを履かれている方の場合、毎日手洗いはちょっと大変ですよね。そんな時はネットに入れてお洗濯。お洗濯のモードや一緒に洗うものに注意しましょうね。

手洗いはちょっと…という場合はネットに入れて洗濯機へ
手洗いする時間がない!という方は、ネットに入れて「手洗いコース」(洗濯機によってコースの名前が異なる場合があります)で洗濯します。極力他の衣類と触れないよう、目の細かいネットを使用することをオススメします。洗濯機を利用する場合は、柔軟剤で仕上げることも忘れずに。柔軟剤を使用することで、静電気を防いだり、伝線しにくくなります。

出典 http://qtto.jp

その3:収納場所をきちんと決める。

Licensed by gettyimages ®

ストッキングやタイツは、収納中にも破れたり電線する可能性があります。「どこに収納するか」を、しっかりと決めましょう。

収納するときは「他の衣類と一緒に置かない」ことが鉄則
収納するときも、他の衣類と触れ合わないように工夫しましょう。装飾のついた服や金具の付いたランジェリーなどと一緒に収納すると、引っかかりやすくなり 伝線のもととなります。

出典 http://qtto.jp

本当にちょっとしたことで電線してしまいますので、大切に扱いましょう。収納箇所が別に設けておくのが、ベターです。

その4:爪を引っ掛けないように注意。

Licensed by gettyimages ®

今はハンドもフットも、ネイルケアをされている方が多いです。そのため、爪でストッキングやタイツを傷つけて電線させてしまうことがあります。そんな時は。このようなことに気をつけましょう。

「爪」に注意!
ストッキングをはく時に注意したいのは手足の爪。ネイルアートや、割れたり欠けている爪は伝線の元です。自爪の方はこまめにネイルケアをしてストッキングをはくようにしましょう。また、ネイルアート、ラインストーンなどでデコレーションしている方は特に注意が必要です。この「デコ」の部分にストッキングが引っかかり、伝線を起こしやすくなっているのです。ネイルアートの方も自爪の方も、ストッキングをはく際におすすめなのが柔らかい手袋。手袋を着用しストッキングをはくことで、爪が引っかかり伝線するのを少なくします。

出典 http://qtto.jp

柔らかい手袋をしてストッキングを履くと、爪がストッキングやタイツに引っかからないので、良いですよね。また、爪が伸びすぎていてもストッキングやタイツが破れる可能性がありますので、足の爪は常にお手入れをしておきましょう。

その5:足の裏、かかともつるつるにしておく。

Licensed by gettyimages ®

足裏がガサガサだと、その部分にストッキングやタイツがひっかかり、電線してしまうことも…。かかとのガサガサ、タコや魚の目、角質等はこまめにケアをしましょう。

ガザガザかかと、大丈夫?
かかとから伝線してしまうという方は、かかとの乾燥が伝線の原因の可能性が考えられます。ガザガザしたり、毛羽立った肌はストッキングを傷つけ、伝線しやすくなります。普段からかかとの乾燥が気になる方は、クリームなどを塗り保湿をする、お風呂で軽石で薄く削るなどケアをしましょう。綺麗なかかとはストッキングの保護にもつながりますので、一石二鳥ですね。

出典 http://qtto.jp

綺麗にストッキングやタイツをはきこなすには、綺麗なかかと、足裏であることが重要です。

ちょっとした心がけで、ストッキングやタイツを長持ちさせる。

Licensed by gettyimages ®

ファッションアイテムや防寒対策にも必須なストッキングやタイツ。女性の必需品だからこそ、大切に扱いたいですよね。ぜひ、こちらのコツを実践して、少しでもストッキングやタイツが長持ちするように、心がけてみてくださいね。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス