セーターを家でクリーニング

洋服は買う時お金は見ますが、維持費は考慮してないもの。

なるべくならホームクリーニングでうまく節約して手入れしたいでしょう。


用意するものはオシャレ着洗い用洗剤・平らに干せる道具・洗濯ネット

ネットにセーターを入れ、オシャレ着洗い用洗剤を使い、手洗い、ソフト・ドライコース・オシャレ着洗いモードで洗います。

セーターが型崩れしないよう平らな状態に市陰干し。


手洗いは洗い桶にぬるま湯を張って、おシャレぎ洗い用洗剤を入れ、セーターを入れ、優しく手洗いし、終ったら、型崩れしないよう軽く水を切ってください。

そして、乾いたバスタオルでセーターを包んで水分をとって、包んだ状態で軽く振ったり、たたくなどしセーターの水分をタオルに吸わせましょう。

セーターが型崩れしないよう、平らな状態に市陰干し

セーター素材がウールなど動物の毛であれば、シャンプー・リンスを利用し洗ってみてください。髪の毛の手入れと一緒で、セーターをシャンプーしリンス、軽く水けをとって、陰干しを。

洗い桶にぬるま湯を張り、シャンプーを入れ、セーターを入れ優しく手洗いをし、すすぎ終われば、セーターにリンス。リンスをぬるま湯に溶いて、柔軟剤を使うような感じで仕上げましょう。

あらいおわれば型崩れしないよう軽く水を切り、乾いたバスタオルでセーターを包み水分をとり、その状態で軽く振ったり、パンパンたたき、陲ズンをタオルに吸わせます。

型崩れしないよう平らな状態で陰干し。


屋外で暑さ対策する方法

頭や全身の日差しから守るため、UV遮断・遮熱効果が高い膝差を差せます。


日航の下を歩くよりも、身体の日差しが当たらないだけで、厳しい熱さを和らげられます。

両手に荷物を持っていれば、苦さをささない時帽子をかぶるようにして、髪の毛は黒いですから、日差しと熱を吸収して、フラフラになります。頭を日差しから守ってください。

防止素材によってはかえって頭に熱がこもることもあり、時々帽子を脱ぎ汗を拭き取りましょう。

すこしでも木陰、建物の陰になっているところがあれば、なるべくそうしたところを歩くようにしてください。

日差しを差す時や帽子をかぶっているときも、日陰部分のℋ号が体感温度が低く、なるべく日陰を歩いてください。

熱いとき汗をかきますから、水分補給も大事で、冷たいものを飲むことにより、体内から冷やすとともに、、水分補給を同時に行えて便利。

外に出るたびにコンビニで冷たいものを買うより、ペットボトルに水半分ぐらい入れ冷凍庫で凍らせて出かける前お茶を足すように心がければ、節約になります。

ベビーカーは地面に近く大人より道路から照り返しの熱により熱さを感じやすいですし、身体が小さくすぐ体温が上がり脱水症になったりする危険も。

保冷剤を入れられるベビーカー用シートマットをつけてみれば幾分涼しくなりますが、長時間の外出のときかならず途中で涼しい場所で休む、大人以上にこまめに水分補給しましょう。

抱っこひもで抱っこしてるときも、おなか、背中に熱がこもりがち。涼しいところで降ろしたり、水分補給を頻繁にし常に気を配ってください。

洗濯が楽しくなるランドリーバスケット

ものを選ぶとき機能的か、デザインが良いものかに重点を置き買い物。やはり毎日使うものなので、好きなのを使いハッピーになりたいです。

ランドリーバスケットの選び方ですが、色、形から探して、百均でかったのは偶然気に入ったからです。

表から中が見えれば、選択するきっかけになり、特に洗いごろの量になるときの目安がついて楽。一回回すのにいい量になったら選択してます。

おおきなのはつい洗濯物をため過ぎのため1回で回せなくなります。

洗濯機の説明の容量はかなりMAXの状態ですから、汚れ落ちを考えれば洗濯槽に満タンに入れるより少し少ない方がきれいになります。

洗濯機に物を直接入れてためてしまえば、実際洗濯槽のカビとにおいの原因となってしまいます。

濡れた洗濯物も入れ貯めておけるよう耐水加工がしてあるもの、プラスチックがいいです。

洗濯ものは洗濯機にためないで、ランドリーバスケットに入れましょう。
これに適量たまったらまわし選択済みのものをまたランドリーバスケットで運んでもいいです。



この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら