うのたろうでんがなまんがな。
エセ関西人でんねんでん。

関西の人、大好きです。
とくに大阪。ぼくが大阪が好きな理由には、なんといっても「食べものがうまいから」というものがあります。

大阪といえば、粉モノです。
粉モノといえば、たこ焼き、お好み焼きです。

で。
家庭で気軽につくれるのはというと「お好み焼き」一択。
ということでお好み焼き大好きという関西の食べ物好きな方はけっこう多いのではないでしょうか?

ですが。
簡単にできるといっても、お好み焼きづくりは案外面倒くさいものです。
フライパンやらホットプレートにびっと薄く油を敷いて、ボウルのなかにお好み焼き粉やらエビやらイカやらブタニクやらをいれて混ぜて卵を落として、それを再度混ぜてようやくフライパンのうえに流して焼いて食べる(あ、そのまえにソースと青ノリとマヨネーズとカツオブシをかけてベニショウガを添えなければいけませんね)。

と、まあ。
これを見てもわかるように、お好み焼きづくりにはどうにもこうにも作業工程が多すぎるのです。

では、どうすればいいのか?
簡単です。お好み焼きふうのものをつくればいいのです。

簡単につくれて大好きなお好み焼きの味が楽しめる――

そんなわけで本日は、そんな素晴らしい発明品……じゃなかった料理。

「お好み焼きトースト」

についてのお話しです。
レシピやアレンジ、実際につくった人の反響や味の感想などを見ていきましょう……

「お好み焼きトースト」とは?

かつおぶし。~お好み焼きトースト~ レシピhttp://www.recipe-blog.jp

「お好み焼きトースト」とはトーストをお好み焼きふうにして焼いたものです。というと「なにあたりまえのことをいってるんだ?」と思いますが、じつはこれ非常に頭の良い簡単料理です。考えてみれば、お好み焼きの面倒くささは小麦粉やらお好み焼き子やらになんやかんやを混ぜてつくらなければいけないという部分の工程だったのです。

そこをすっ飛ばせばいとも簡単にお好み焼きはつくれるのです。その点、お好み焼きトーストで使用するのはパン。パンの原料は小麦粉。しかもすでに成形してある形の小麦粉。土台があれば、あとは具材をのせればいいだけじゃんという天才的な発想なのです。

では、そんなお好み焼きトーストはいったいどのようにつくればいいのでしょうか?
まずはパンと○○○を用意してください……

レシピ①「基本のお好み焼きトースト」

ほんのりお好み焼き風、きんぴらネギトースト レシピhttp://www.recipe-blog.jp

まずは基本のつくりかたです。
ほぼ具材はつかわず必要最低限の材料だけで「お好み焼きふう」を演出できる基本レシピがこちら。

【材料】(1個ぶん)
食パン……1枚
お好み焼き焼きソース……小さじ1
お好み焼き焼きソース(トッピング用)……適量
マヨネーズ……適量
卵……1個
千切りキャベツ……20g
干し海老……6〜8匹
かつお節……適量
青のり……おこのみで適量
ベニショウガ……適量


【つくり方】
①パンの中央~耳のそばまでを押してくぼませる(切れこみをいれてくぼませてもOKパンを容器にするイメージです)
②くぼみ全体に好み焼きソースを塗る
③千切りキャベツをくぼみの中央にのせる
④キャベツの中央をくぼませておき、そのなかに卵を割っていれる
⑤干し海老、マヨネーズをトッピング
⑥トースターで焼く(目安は2分30秒~3分ていど、卵の白身が白く固まるまで)
⑦お好み焼きソースを、かつお節、青のりをかけベニショウガを添える

出典 http://www.fujipan.co.jp

完成です

お好み焼きソースを塗ってマヨネーズで味付けし、そこに千切りのキャベツがのっていればなんとなくお好み焼きの味がするものです。しかも干し海老やベニショウガまではいっていれば完璧です。一番簡単にできてボリューム感もある基本レシピでした。では……

レシピ②「もっとガッツリ豚肉いりお好み焼きふうトースト」

2つ目のレシピは「豚肉いりお好み焼きふうトースト」。これはもっとガッツリ食べたい人用のさらにボリューム感満点のものです。

お好み焼き風ピザトースト♪ レシピhttp://www.recipe-blog.jp

【材料】
食パン……1枚
卵……1個
豚バラ肉……2~3枚
千切りキャベツ……適量
かつおぶし……適量
青のり……適量
ソース……適量
マヨネーズ……適量


【つくり方】
①食パンをオーブンにいれてトーストする(2分30秒~3分ていど)
②フライパンで豚バラ肉軽く焼く
③ボウルに焼けた豚肉、千切りキャベツ、卵を割って落とす
④すべてを混ぜる
⑤トーストにソースを塗り、ボウルの具材をのせる
⑥そのうえからソース、青のり、かつおぶし、マヨネーズをかける

出典 https://nanapi.jp

完成です。
これもこのみでベニショウガををトッピングしてもおいしいです。

アレンジレシピ「チーズ追加」&「パンに近いお好み焼きふうトースト」

☆鯵フライと千切りキャベツリメイク 鯵フライトースト☆ レシピhttp://www.recipe-blog.jp

これはチーズを追加したレシピです。チーズを追加することにより、パンのうえにたっぷりとキャベツをのせることができます。


【材料】(1人ぶん)
食パン……1枚
キャベツ(千切り)……大きくひとつかみ
マヨネーズ…… 小さじ2
顆粒和風だしの素(カツオでもコブでもOK)……小さじ1/2
豚肉……2枚
天かす……大さじ1~2
干し桜エビ……小さじ1
とろけるスライスチーズ……1枚
お好みソース……大さじ1
青のり……適量
カツオ節…… 適量


【つくり方】
①キャベツを千切りにしてボウルにいれる
②そのうえからマヨネーズ(小さじ1)と和風だしの素をくわえて混ぜる
③豚肉をフライパンでざっと焼く
④食パンの表にマヨネーズ小さじ1を塗る
⑤そのうえに焼いた豚肉をのせる
⑥ボウルに天かすと干し桜エビをくわえて混ぜる
⑦ボウルのなかのものを食パンのうえに山盛りにして全部のせる
⑧スライスチーズ1枚、キャベツのうえにのせる(蓋をするイメージで)
⑨温めておいたトースターで3~4分焼く
⑩トースターからとりだして、お好みソース、青のり、カツオブシをかける

完成です。

さらにアレンジレシピとして豚肉2枚をハム2枚で代用してもOK。
その場合、③の「豚肉をフライパンでざっと焼く」という工程がカットされます。
パンに近いお好み焼きトーストをつくりたい場合、ハムを使ってもおいしいです。

まとめ

大阪人のソウルフード「お好み焼き」。
それを家庭で手軽に食べられるというのがこの「お好み焼きふうトースト」。

なんてすごい発明やねんっちゅーこっちゃ。

うーん。
好きでも見よう見まねでは、なかなかうまくならないのが関西弁。
好きで見よう見まねで、うまくつくれておいしいのが「お好み焼きトースト」。

ふだん料理をしないぼくが、つくってみようかなと思うくらいですので、きっと誰でもすぐにつくれるはずですよ。

さっそくぼくも……

誰かつくってくれへんかなあ。

なんちゃって。
うのたろうでした。

この記事を書いたユーザー

うのたろう このユーザーの他の記事を見る

Spotlight公式ライター/プラチナユーザー。ライターしたり小説書いたりしています。ライターのお仕事は随時受け付け中です。サンプル文章はこちらにもあります。http://unotarou.com/
きてくれた、すべての人を、愛しています。
【twitter】@unotarou

権利侵害申告はこちら