武井壮が11月25日に放送された「マツコの知らない世界」で武井流「足が速くなるコツ」を紹介しました。

その説明がわかりやすいと話題を呼んでいます。

アジア記録を上回るタイム保持者の武井壮

出典 http://akeynews1111.seesaa.net

武井は2015年世界マスターズ陸上(40歳〜42歳が参加するM40クラス)の400メートルリレーで、アジア記録を上回るタイムで優勝しており、42歳の現在も19歳のときと走るタイムが変わらないという。

出典 http://news.livedoor.com

走るタイムが10代のときと変わらないとは素晴らしいです。

そんな武井さんが教えてくれる早く走れるコツとはどんなものなのでしょう?

5つのポイントがあった!

出典asahi

足が地面についたらそのまま踏ん張らず、すぐに足を地面から離して前に出す

出典 http://news.livedoor.com

すぐに足を地面から離すことが重要なのですね。

腕を振る反動を使って身体の重さを軽くする

出典 http://news.livedoor.com

腕を振る反動を使うのですね。

スタートの時は足の筋力は使わず、身体を前に倒したり腕を振ることで体重を移動させる

出典 http://news.livedoor.com

身体を前に倒したり腕を振ることが大切

中間のスピードのときは地面を蹴るのではなく、地面を触るイメージで走る

出典 http://news.livedoor.com

地面を触るイメージ!

トップスピードになったら身体に重さがないため、地面を思い切り蹴って走る

出典 http://news.livedoor.com

地面を思い切り蹴る!

この説明はとてもわかり易いですよね。アスリートならではの武井さん直伝の早く走るコツです。

外出て走りたくなる!

説得力がすごい!

こんな体育の先生だったら良かった!

説得力がすごい!

ためになる!

走るのが遅い、走り方がわからない、そんな風な理由で体育嫌いになる子どももいます。
武井さんのように、わかり易く説明してくれたら”試してみたい!”と走ることに興味を持ち自然と運動を身近に感じるひとも多いのではないでしょうか?

武井は「走るのが速い人は、こういうことが自然と頭で消化されていて、さらに走る筋力を鍛えているからより速くなる」と力説した。

出典 http://news.livedoor.com

速いひとは自然と頭で消化されている!

わかり易い説明をしてくれた武井壮さん

出典 http://thisisenglish.jp

武井さん自身がツイッターでこのことに触れています。

聞きたいフルバージョン

自信を持って説明したのですね。2時間に渡って語った内容を聞いてみたなと思いました。

この記事を書いたユーザー

うー このユーザーの他の記事を見る

東京が好きで、昭和が好きで、古い日本のドラマも好きで、カフェが好き。
忘れられかけている遠い記憶のことを掘り起こしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス