どのようなときにも、私は主をたたえ、
 私の口は絶えることなく賛美を歌う。詩編34:2

あなたがたの中で苦しんでいる人は、祈りなさい。
 喜んでいる人は、賛美の歌をうたいなさい。ヤコブ書5:13

      (ローズンゲン日々の聖句11/27;金)

 ダビデは、王様のサウルに命を狙われて、隣の国に逃げたのだそうですが、
そこで捕まりそうになり、よだれをたらし、気が違ったふりをして、逃れたとき、
この詩をうたったのだそうです。

私はあらゆるときに主をほめたたえる。
私の口には、いつも、主への賛美がある。
私のたましいは主を誇る。
貧しい者はそれを聞いて喜ぶ。
私とともに主をほめよ。
共に、御名をあがめよう。
私が主に求めると、主は答えてくださった。
私をすべての恐怖から救い出して下さった。
彼らが主を仰ぎ見ると、彼らは輝いた。
「彼らの顔をはずかしめないでください。」
この悩む者が呼ばわったとき、主は聞かれた。
こうして、主はすべての苦しみから彼らを救われた。(詩編34:1~6新改訳)と。

苦しんでいる人には、祈りを、
喜んでいる人には賛美を下さるのですね
今日も。



[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ] <ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a> [269RANKのランキングサイト] "哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら