簡単に小銭貯金するなら

心構えが大事ですが、貯金と聞いただけで貯められるかわからない方もいることでしょう。そうした方でもとりあえずしてみようと強く決めておくこと。

準備ですが、ちょっと大きななるべくきれいな入れ物を用意して、あらかじめ複数用意してもいいですし、貯金箱でも可能ならそちらでもいいです。

そして自分がよくいるところか、家に帰ってきたときすぐ目につくところに設置。
そしてかなえたい目標を設定。

1万円までためあれを買いたいなど、あとの楽しみを考えます。
これで完了。

次に、皆さん日ごろ千円札など使ったときおつりはどうしているでしょうか?大抵はポケット、財布に入れっぱなしではないかと思います。

小銭貯金は1日のうち出るお釣りなど小銭をためて、やり方は簡単で、家に帰ったら、すぐ用意しておいた入れ物に財布から入れ替えます。

先ずこれから始めましょう。小銭がない日は無理しない施休みましょう。

入れ物は第2の財布。入れ物の周りを自分の好きに飾ってみたり気分を上げてみて、小銭をすぐ入れ替える習慣をつけてください。

なれればたまっていき、財布からいったん出すけど、懐にこんなにあると思って目標額まで続けてください。

もちろん買うものによっては1200円等半端なことがあり、そのとき財布に数百、数十円はあった方が助かったりします。

そうしたことが多ければ、1日でできた小銭の中で、この効果は財布に残そうとあらかじめ決めていおいてもいいです。

そして、1日で出た小銭の中で半分だけ入れ替えようなど、自分でできる範囲でも。

一回入れ物に入れ替えたからといって、その後使っていけない規則はなく、そうしたルールも取り入れたければ自分で設定を。必要な時は無理しないで使ってください。節約モードをずっと続けるとストレスがたまります。

小銭はたまり過ぎれば両替が面倒で、あとに回すのが嫌なら千円たまったらどこかで両替をしてください。

お札になるとつかってしまうという方は目標に達するまで口座に入れてしまうなどしてください。

そして、金額も数えて励みにしましょう。
よく500円貯金などの硬貨のみ貯金というのを聞きますが、いちいち財布から選別するスタイルなら後で面倒になってきます。

それに比べ日ごろ千円札を出す買い物は多く、小銭もかなりでき、特に選別しないでいれ場所を変えるのみなら気軽に貯金できそうだと思いませんか?

第2の財布づくりと思い、きがるに貯金を始めてください。

結婚前保険整理をするポイント

これから結婚する方。相手や自分がどういった保険に入り、月どれぐらい払っているか把握してますか?

新入社員のときはいり、一度も見直ししてないという方も多いでしょう。

独身時代自分の給料から引き落とされる保険料に違和感がなかったのに、結婚し家計の中に組み込まれれば意外に多く払っていると実感したり。

専業主婦になって、夫の給料のみで家計を回していれば、保険はすぐ節約項目の候補になりがち。
今から少しづつ保険整理を。

大手保険会社や昔ながらの簡易保険や最近はやっている外資保険会社など複数に入っている方も多くて、定期、就寝、年金型、貯蓄型などいろいろタイプがある保険。自分の契約内容を見れば、意外に保証内容が重なっていたり。例えば年金型、終身型2つの保険に入っているAさんは、年金型保険でも年金受給する前死亡したとき保証が250万払われます。

Aさんは別会社で終身型保険に入っていて、こちらも死亡すると300万払われます。

合計550万払われて、Aさんは死亡保障は250万あればいいと思っていて終身型保険を解約して医療保険のみに変えました。

毎月支払額1万から5000円に下がって、保険見直しは家計節約になります。

入社時入った保険、その時の保険目的と結婚後はいる目的は変わってきたりします。子供ができれば学資保険にも。結婚後いろいろお金がかかり、今入っているものはどこにプライオリティーを置き加入したか確認すると、結婚後見直しに役立てます。

男性なら、結婚後いざ自分い何かあれば残された家族を考え、死亡保障に比重を当てますが、結婚前そこまで考えてないもの。

夫は死亡重視、妻は医療重視、子供は教育費など目的を明確にするといいです。

これまで払ってきた月日、額を考えれば、どうしても解約に踏み込めない方も多いでしょうが、結婚し、子が生まれれば、想像以上に教育費などかかってきて、複数掛けていれば、今後払う額を考えればいくつか解約したほうが家計には得策だったり。

今後支払期間20年の保険につき1万掛けていれば、これから240万も払うことになり、かなりの額。

保険はあくまで万が一のためで、保険を使わなかったことは健康に暮らしている証拠です。
一番大事なのは、万が一の備えのため入ることは万が一のリスクを減らすことなのです。


家計管理のコツ

私は、決してお金の無駄遣いする方ではないですが、本当に無駄がないか自分を問いただしてコンスタントに貯金するため簡単な家計管理をしてます。


夫婦と赤ちゃん3人家族で、私は自分の口座、財布の中のお金を管理。

夫も数万単位の買い物をしたときや、カード引き落とし額Fはしっかり自分で把握してます。

収支の割合ですが、食費、生活必需品3割、化粧品、美容室など美容2割、通信費(スマホ、ネット)1割程度、習い事1割程度

私は口座からの支出はこのようなものに毎月あって、それを差し引いて残る分貯金して、手を付けないでいます。

ここで毎月必ず~万ためると意思を堅く家族に表明してみればいいです。何としても実行すると思えてくるでしょう。

PCのソフトなど特別なものは使いません。続きませんから。

私は各スペースの大きな手帳を使っていて、毎日使った額を書き込みます。コンビニ300円、スーパー3000円等。
面倒でも毎回レシートをもらい1日の最後に書きます。

そしてATMなどからおろす時はATM 1000円等書き込み、その日の財布の中残金を書きます。

ATMからそろしたらATM 1000円と書いて、その日の財布の残金を書きます。

2千+1万-3百-3千=8700円

私は1円単位で書いてますが、面倒なら、大きな額をつかったときのみかき100円、1000円単位で大まかに書いてみてもいいです。

そして、口座の残金把握も大事で、引き出した日は、面倒でも残金を合わせて長に書きます。

これだけで今日の無駄遣いの反省の念がわきます。避けられない出費でも今日は多かったので次の1週間節約と決意が固くなります。

こうしてみれば、嫌でも無駄な出費が減らせて、結果毎月コンスタントに決まった額貯金可能に。

この貯金は自分用でなく家族みんなの共有物、このために使うものと決めていて、家計に大きく貢献していると思います。

1つおすすめは500円玉貯金で、財布の中に500円玉があれば、貯金箱に入れる方法。

100円位なら大きな額ではなく1000円ぐらいになれば大きな額ですが、毎日出費として若干痛いぐらいの500円のほうがいいと思ってやってます。

数か月貯めると大きな額に。

もっと複雑な額なら最初計算できませんが、やっているうち暗算で出てくるので、頭の体操に。

ただレシートをもらいメモする、500円玉を手にしたら絶対貯金という方法もよく、節約や貯金のモチベーションという意味で便利。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら