パソコンが寒さに弱いという事は記事でも紹介させていただきましたが、パソコン以上に寒い場所にも持って行きがちなスマートフォン…。

こちらも寒さに弱いという事をご存知でしょうか?

iPhoneの適正温度

Apple製iPhoneの場合、使用するのに最適な周囲温度範囲は16℃~22℃に設計されています。また、動作環境を保障しているのは、0℃~35℃で、保管温度は-20℃〜45℃となっています。

出典 http://yopitore.info

Androidなどの他のスマートフォンもほぼ一緒だと思いますが…。

パソコンとよりは少し寒くても大丈夫程度の設計になっているのですね…。

寒いと電池がよく減る

調査の結果、寒い環境の方がバッテリー消費は早いようです。実際に結果を見ると、びっくりしますね。1回では信じられなかったので、何度か冷蔵庫内に入れて実験を行いましたが、いずれも冷蔵庫内の方がバッテリー消費は早かったです。

バッテリーは化学反応で電気を発生させていますが、寒いとこの化学反応が起きにくくなります。つまり寒さの影響で取り出せる電気が減ってしまうため、結果的にバッテリーが早く減っているように感じるそうです。

出典 http://andronavi.com

上記の引用のように寒いと電池の減りが早くなってしまうようです。

上記の実験では大体倍くらい消費していたみたいですね。

ディスプレイにヒビが…。

寒いとディスプレイにヒビが入るという現象もネット上で注意が呼びかけられています。
寒さでディスプレイに使われている素材が劣化しヒビが入ってしまうようです。

スマートフォンにもコンデンサが…。

以前の記事でパソコンが寒さに弱い原因としてコンデンサを挙げさせていただきましたが、もちろんスマートフォンにも使われています。

ということはです。電池の減りが早いとか、ディスプレイにヒビが以前にスマートフォン本体自体も故障する可能性が寒いと上がってしまうということなのです。

寒い場所での使用には注意が必要です。

先ほどのデーターであるように保管温度はもっと低く設定されていますので、寒い場所で作業をする際には電源を切るなどの対策が必要なのかもしれません。

ただし、ホッカイロなどで急激に暖めると精密機器ですので逆に熱暴走で壊れてしまうので注意が必要です。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス