乾燥が気になる季節…。

Licensed by gettyimages ®

お肌や髪の毛等の「乾燥」が気になりませんか。加湿器があればベストですが「お部屋に加湿器が無い」という方もいらっしゃるでしょう。今日は加湿器を使わずに出来る「加湿方法」をご紹介します。

加湿器って、意外と高いですよね。

乾燥は肌トラブルや風邪の原因にもなります。外気が乾燥するだけでなく、冬はエアコンや石油ファンヒーターなど、部屋が乾燥する暖房器具を使う人も多いはず。

出典 http://news.mynavi.jp

「乾燥」は、単にお肌や髪の毛の潤いが不足するだけではなく、風邪の原因にもなります。ご自分やご家族の健康を守る上でも、湿度管理はしっかりしたいものですね。

その1:室内に洗濯物を干す。

Licensed by gettyimages ®

こちらは最も手軽な方法のひとつでしょう。洗濯物の水分で乾燥しがちな室内に適度な湿度を与えてくれます。

部屋の加湿をするために、もっとも簡単な方法は、洗濯物を部屋干しすること。ある程度の量を干せば、すぐに乾燥状態を解消できる可能性があります。ただし、加湿過多になる場合もあるので、ジメジメしていると感じた場合は、換気をして調節するといいでしょう。また、洗濯物の室内干しに抵抗のある人は、濡れタオルを室内にかけても同じ効果を得られるのでオススメです。

出典 http://www.news-postseven.com

洗濯物の部屋干しで、上手に湿度を調節しましょう。

その2:風呂のお湯をいれた状態で、浴室の扉を開ける。

Licensed by gettyimages ®

こちらも手軽に取り入れることが出来る加湿方法ですよね。半身浴の後などに少しの間、浴室の扉をあけておくと良いでしょう。

入浴後にお風呂のお湯をそのままにした状態で、浴室の扉を開けておけば、浴室内の蒸気が部屋に広がっていき、加湿することができます。似たような方法では、お湯を入れた鍋ややかん、コップなどを自分が普段過ごす場所(リビングなど)に、置いておく方法もあるので、使い分けるといいかもしれません。

出典 http://www.news-postseven.com

湯船につかる習慣が無い方や、湯船につかる日とそうでない日があるという方は、お鍋ややかん、コップなどで湿度を調節すると良いでしょう。

その3:霧吹きを使う。

Licensed by gettyimages ®

こちらも手軽にできる方法ですよね。霧吹きは100円均一でも購入することが出来ます。お風呂のお湯のように、水道代もほぼ掛からないので取り入れやすい方法ですね。

ファブリーズなどの消臭効果があるスプレーや、リネン用のスプレー、ルームスプレーなどを利用し、部屋に水分をまきましょう。また、精製水で薄めたアロマオイルを霧吹きでまくのもおすすめです。

出典 https://nanapi.jp

消臭効果のあるスプレーや、ご自分が好きな精製水で薄めたアロマオイルを巻くことは、加湿だけではなくリフレッシュ効果もあることでしょう。

その4:お部屋に観葉植物を置く。

Licensed by gettyimages ®

観葉植物もお部屋の加湿に効果があること、ご存知ですか。

部屋のインテリアとしてもいい観葉植物は、加湿的にもアリ。植物は吸収した水分を葉から蒸発させるので、部屋に置いて定期的に水やりをするだけでOK。ガジュマルやサンスベリア、ポトスなどは初心者でも育てやすいと言われているのでオススメです。

出典 http://www.news-postseven.com

インテリアだけではなく、加湿にも良いとされる観葉植物。植物を置くことでリラックス効果も感じられることでしょう。

快適な湿度は、どのくらい?

Licensed by gettyimages ®

一般的には、このように言われています。

実際に私たちが快適に感じる温度と湿度はどれくらいなのでしょうか?実はこれは夏と冬で変わってきます。夏であれば温度は26度前後で湿度は50~60%まで。冬は温度が19度前後で湿度は50~60%。つまり、夏と冬では快適に感じる温度が多少違いますが、湿度は常に50%を目安にしておくとよいのです。

出典 http://www.daiseikai.com

厳密な違いを覚えるのは大変ですが「湿度は常に50%」と言う目安なら覚えやすく、実践しやすくていいですよね。

上手な加湿で、より美しく健康に。

Licensed by gettyimages ®

空気が乾燥すると体に不調もきたしてしまいがち。乾燥は冬場に限ったことでなく、夏もエアコンを使用することにより周りの空気は乾燥しています。健康と美容、両方のためにもお部屋の加湿には気をつけたいものですね。

この記事を書いたユーザー

山本明日香 このユーザーの他の記事を見る

講談社:VoCE読者ブロガー「VOCEST」3期生。スワロフスキーアーティスト。ヨガ、ストレッチを中心としたボディメイク、ヨーロッパのファッション・ライフスタイルなどを発信するのが得意!ダイエット検定1級取得。Webライティング能力検定1級合格 ◆美容ブログ:http://ameblo.jp/asukaproduce/

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス