それまでの生活の全てを賜ってきた大麻が邪魔になった!?

石油製品(医薬品)を主流にするために、大麻は徹底的に排除しないといけなかった…とは!!なんてこった!ですよ!まさに、知らぬが仏 とはこのことです。

それが何かを知らないと言うことは恐ろしいことです。

どこかの組織の目論みの為のプロパガンダに洗脳されることの損失は計り知れないです。

それがどんなものかをきちんと知ったうえで使用できるようになると、絶望の淵にある人たちの希望にもなります。

第二次世界大戦終結後、マッカーサー率いるGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、WGIP(War Guilt Information Program/ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)という名称の日本人マインドコントロールプログラムを実施した。
これは、日本国が未来永劫、アメリカに対して盾突くことが無いように、日本人に罪悪感を植え付け、戦前の日本文化をすべて否定させて、日本人から愛国心や自信、誇りを奪い取るプログラムであった。
WGIPに基づく洗脳装置は、日本国憲法、官僚機構、教育、マスメディアなどの中に仕掛けられ、戦後70年が経過した今でも、オートドライブで作動中である

出典 http://kurasu.biz

禁止したアメリカでは使用している…とな??

今、アメリカでは医療のためのマリファナが見直されています。連邦政府ではまだ違法ですが、州単位では既に米国の13の州で医療大麻が承認されています。

出典 http://www.taimasou.jp

なぜ大麻が禁止されたか

出典 YouTube

アメリカが「大麻」を100年間使用禁止にしてきた理由

出典 YouTube

メリットとデメリットをきちんと研究してもらいたい

メリット、デメリットを把握し、誰かの思惑のために得られないメリットがないようもっと認知されるべき事だと思います。

大麻、医療大麻の効能、作用について

大麻は昔から万能薬として考えられ扱われており、大麻はHIV、アルツハイマー、うつ病、強迫性障害、不眠症、てんかん、気管支喘息、帯状疱疹、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症、クローン病、パーキンソン病など、約250種類の疾患に効果があるとされています。

この記事を書いたユーザー

yachamanneiru このユーザーの他の記事を見る

息子二人の母です。シングルマザーの視点から見えてくるものが、意外にも人間行動心理を掘り下げていて、学びの毎日です。見えた感じた知った解った面白い!これはダメですやん!を、書き綴ります。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら