記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
ときどき「体が酸性に傾く」「アルカリ性に傾く」という言い方を耳にすることがあります。これは、医学的にはどういうことなのでしょうか?

今回は私たちの体が酸性、アルカリ性に傾く場合について、詳しい話を医師に聞いてきました。

酸性体質って、どんな状態なの?

酸性体質という言葉は、医学辞書にはない言葉です。私たちの体の中の血液はさまざまな臓器によって、厳密に酸とアルカリのバランスが一定になるように保たれていて、pH7.35~7.45の範囲になるよう常に調整されています。この範囲から外れた場合は何らかの原因で、体に異変が起きている状態です。血液が酸性やアルカリ性に傾くとき、その原因は、大きく代謝性と呼吸性に分かれます。

血液が酸性に傾くのはどんなとき?

・代謝性
動脈血pHが7.35より低くなります。原因は呼吸で排泄できない酸性物質がたまること、腎臓や腸から重炭酸イオンを失ってしまうことなどがあります。また薬の影響や代謝性疾患などで乳酸やケトン体という物質がたまって起きることもあります。

・呼吸性
肺での酸素・二酸化炭素の交換がうまくできないため、二酸化炭素が体内に溜まって血液が酸性に傾くのです。原因は肺そのものの疾患、呼吸に関する筋肉が病気や薬の影響などで働かない場合、喘息などで空気の通り道が狭くなって二酸化炭素が排泄できないことなどです。

血液がアルカリ性に傾くのはどんなとき?

・代謝性
血液中の重炭酸イオンが濃くなっている状態です。原因は代謝性疾患、嘔吐、利尿剤の使用、甘味料の甘草のとりすぎ、肝臓の薬の長期使用などです。

・呼吸性
肺での換気が異常に増加し、二酸化炭素が必要以上に体外に排泄されてしまうことで起こります。具体的には過換気症候群が多いと思います。そのほか肝不全でアンモニアが体内に溜まり過呼吸を起こすことなどがあります。神経が過敏となって、痺れやしめつけ感を感じたり、呼吸困難、胸の苦しさ、全身の筋肉のけいれんや硬直なども症状としてあらわれます。

医師からのアドバイス

血液の酸性、アルカリ性を示すpHはいろいろな臓器で調整されているもので体質的に酸性に傾いたりするものではありません。もし異常があれば、その原因を精査し適切な治療を行う必要があるのです。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら