なぜ禁煙は流行るのか、
なぜ人は我慢の禁煙を
頑張ろうと必死なのか。

健康になるため?
いやいや、
「ゲームに勝つ」ため。

「どこの誰よりも長く
吸わないことを貫き、
意思の強さを証明する」
バカなゲーム。



「違うわボケ!」と
罵声が飛んできそうだが、
考え方を辿っていくと
最終的に
そういうことになる。

タバコをやめるのなら
吸わなければいい。

やめたい理由に対して
吸わないでいれば、
吸わないことが自然と
普通になるのだから。



「1本吸ったら
喫煙者に戻る」
「百害あって一利なし」
「禁煙は愛」
「生涯2度と吸わない」
「禁煙貯金で旅行」
「飲食店では必ず
禁煙席を指定する」

他にもあるだろうが、
禁煙信者の考え方は
だいたいこんな感じ。

この言葉のいずれか
一つでも耳にしたら、
その人は禁煙信者だと
判断したほうがいい。



【愛煙セラピー「2079」】 

『世の中いろんな
宗教があるが、
禁煙は一つの
悪質な宗教だと思う。
愛煙家からすれば
禁煙セラピーも
禁煙外来も禁煙具も
禁煙教の一部。』

2015/11/23
愛煙セラピスト
志村嘉仁

悪質?悪質。
大金を奪われてしまう
悪質さではないが、
キリスト教のように
世界がその宗教に
ハマってしまっている。

キリスト教が
悪質なのかって?
逆にどこが
悪質ではないのか
聞いてみたいものだ。

イエスキリスト、
ブッダ、
その他たくさん
偉人はいるとして、
彼らの伝説を
宗教として扱う
薄っぺらい考え方と、
その考え方を
支持している
愚か者に人々は
流されすぎている。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら