記事提供:NICOLY

『back to the future』なら、1985年からマーティとドクがやってくるのが2015年。
彼らは未来を生きているけど、自分は未来に向けて動けていないという人もいると思います。

将来の夢があるのにそれに向けて動けていない。

そんな状況って自分で自分がイヤになって気分が落ち込みます。

もし暗い気分になってしまったら、“将来の夢をつかみとる3つの思考”を思い出してください。

これから紹介する3つの思考方法は、2015年、将来の夢をかなえている人たちが
将来の夢まで絶望的に遠かったころ。

それでもあきらめずに夢をつかみとるために実践してきた思考方法です。

将来の夢をつかみとる思考方法1:感情日記

「感情の機微がわかるようになること。それが相手と分かり合える唯一の方法です」
彼女が教えてくれたことは、その時の自分には、とてつもなく無駄で、途方もない回り道で、杳杳たる苦行にしか思えませんでした。

“どうしたら他人と分かり合うことができますか”
(どうしたら他人を意のままに操れますか)

当時の僕の本心を見透かしていたように、彼女が言い放った言葉 「感情日記をつけなさい」

「細かい感情をあらわす言葉をおぼえなさい」

「相手の感情がどういう言葉であらわせるのか常に考えなさい」

感情は複雑に絡み合っています。“悲しみ”と似た言葉だけでも、”悲哀” “悲壮” ”悲痛” “意気消沈” “苦悩” “悲嘆” “泣き笑い”など、本当に色々な“悲しみ”をあらわす言葉があります。

相手と分かり合い、助け合うためには“相手はどんな気持ちなのか” “自分の気持ちをどう伝えるか”が重要。

悲しいときに“悲しみ”という言葉では不十分です。

相手の感情をできる限り正確に把握し、自分の感情をできる限り正確に伝えること。これが相手と分かり合うための、いちばんの近道だったんです。

相手と分かり合うことができれば、自分が将来に向かって動けていないときに、きっと手を差し伸べてくれる人があらわれます。

そうすれば、今までの暗い気持ちは嘘のように吹き飛ぶはずです。

将来の夢をつかみとる思考方法2:ABC理論

「他人を思い通りに操れると思ったら大間違い」

天狗になっていった僕に本気で叱ってくれた人がいました。

そんな彼が教えてくれたのが“ABC理論”

Activating event (起きた出来事)Belief (受け止め方)Consequence(結果) 「他

人は操れないけど、自分を変えることはできるよ」そう彼は続けました。

「なにか起きたときに、最悪だと思ったら最悪になる」

「なにか起きたときに、最高だと思ったら最高になる」

「なにか起きたときに、最悪なのか最高なのかを決めるのは自分の受け止め方だ」

「自分の受け止め方によって、行動が変わり、結果が変わる」

なにか起きたときに、その出来事には何の意味もありません。怒りも苦しみも悲しみも。

その出来事によって将来の夢がこぼれ落ちたか、将来の夢をつかみ取るチャンスなのか、決めるのは自分次第です。

将来に向かって動けていなくても、その状況を最悪と考えるから気持ちまで沈みます。

将来に向かって動けていない状況を「将来の計画を立てている時間」といった風に前向きにとらえましょう。

そうすれば、だんだん気持ちが晴れて「夢に向かって行動したい!」と思えるはずです。

将来の夢をつかみとる思考方法3:思考がすべてを変える

ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』を読んでいたとき、僕に読書のすべてを教えてくれた先輩はこう言いました。

「思考は現実化しないよ」

「正確には、思考だけでは現実化しない」

将来の夢をつかみとるためには、“将来の夢をつかみとるまでの順序”を知らなければいけないと思っています。

「将来の夢をつかみとるためには状況を変える必要がある」
「状況を変えるためには行動を変える必要がある」
「行動を変えるためには習慣を変える必要がある」
「習慣を変えるためには思考を変える必要がある」

ふだん僕は“こうした方がいいよ”と行動を変えるアドバイスを頂きます。
でも、それだけではダメだと思うんです。だって、その行動には習慣も思考も伴っていないから。

「行動を変えるアドバイスで満足せずに、そのアドバイスの根底にある習慣や思考を見いだそう」

先輩がくれたアドバイスは、確かに僕の思考を変えてくれました。

将来の夢に対して後ろ向きになっている状況はすぐには変えられないかもしれません。
でも、すぐには行動できなくても「考えること」はできるはずです。

くよくよしている場合ではありません。常に考えることが、将来に思い悩んでいる状況を変える唯一の手段です。

将来の夢をつかみとる、あなたの思考は?

“感情日記” “ABC理論” “思考がすべてを変える”

これは、今まで受けたアドバイスのなかで、これからも取り入れていきたい“思考”です。

もし『back to the future』のように未来に行けるとしたら、やっぱり未来の自分に会いにいきたい。

そのとき、未来の自分を見て後悔しないように、心から納得できる自分が取り入れたい“思考”を、今のうちに手に入れておきましょう。

僕が教わったように、そして僕が発信したように、すばらしい“思考”をお持ちなら、ぜひみんなに教えてあげてください。

あなたの“思考”は、将来の夢をつかみとる誰かの“思考”になるはずです。

きっと誰かの暗い状況を変える突破口になるはずです。

written by nopaso

この記事を書いたユーザー

NICOLY:) [ニコリー] このユーザーの他の記事を見る

ダイエット、肌のトラブル、バストアップ、整形、妊活、脱毛、などなど・・、コンプレックスを解決するための治療法や体験談を毎日紹介。医師が監修しているから安心。コンプレックスで悩んでいる人を笑

得意ジャンル
  • ライフハック
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら