腰に帯を締め、
ともし火をともしていなさい。ルカ12:35(11/22の週の聖句)

あなたは慈しみをもって贖われた民を導き、
御力をもって聖なる住まいに伴われた。出エジプト記15:13

私たちの本国は天にあります。
そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、
  私たちは待っています。フィリピ書3:20

      (ローズンゲン日々の聖句11/22;日)

 本来、神なく望みなく、もろもろの約束とも関わりのないはずの私たちを、
あの方は、なお、愛し、慈しみ、大切に思い、追いかけ続けてくださって、
御自身の独り子である方を、人として人間の世に遣わし、
この方を私たちに代わって罪人として処刑して、
この方のいのちを贖い代(あがないしろ)として支払い、
私たちの罪のすべてを処罰済みのものとしてくださっているのだそうです。

 そのうえで、もう一人の方、「聖である霊」と呼ばれる方を、
受け入れる者に派遣してくださり、
御自身の、私たち一人一人に関する思いを、
私たち一人一人の心に書き付けてくださって、
私たちを御自身と一つ思いを思う者にし、
御自身の子(養子)とし、天の御国の国籍を持つ者としてくださるのだそうです。

 それで、私たちは、この世にありながら本国を天に持つ者としていただき、
二度目にイエスが来られるとき、天に携え挙げられる者としていただけるのだそうです。 その日を自分の希望とし、その日を待ち望んでいる者は、
この世だけがすべてである従来の生き方とは違う、
父である方、御子である方、聖である霊と呼ばれる方との交流の中で生きる生き方を
するようにしていただけるのだそうですね。

 日々、聖である霊と呼ばれる方をお迎えし、
この方に御思いのとおりに働いていただけるのだそうです。
ちょうど、ともし火の油が灯心を通して炎となり、光となって回りを照らすように。
この新しい週も。
      [にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]
<ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PV

    アクセスランキング にほんブログ村"/></a>
       [269RANKのランキングサイト]

      "哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス