Because I Love you.

出典 YouTube

Because I Love you 

 東方神起のチャンミンが兵役に行ってる21か月間

名シーンを振り返ろう!第3回です。この曲はドラマ「Mimi」の挿入歌です。

この曲は最初から来ますね!!来ます!!また兵役の坊主姿が

とてもいいと思いました。この映画はかなりよかったです。名場面集をお楽しみ下さい。

また第4回でお逢いしましょう。

この人今度どれ持ってくんだろ?というお楽しみでよろしくお願いします!

兵役日記も出次第、お届けできたらと思います。

Becuse I Love you.です!どうぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ドラマ「미미(Mimi)」OST

スルプム ソゲ クデル チウォヤマン ヘ(Acoustic Ver.)/チェガンチャンミン슬픔 속에 그댈 지워야만 해(Acoustic Ver.)/최강창민
작사作詞/이지영イジヨン
작곡作曲/신재홍シンジェホン

【가사/歌詞 日本語訳 ルビ】

チャンガエ プロオヌン
창가에 불어오는
窓際に吹きこむ

カオルパラムン トン ビン マウムル スチョ カヌンデ
가을바람은 텅 빈 마음을 스쳐 가는데
秋風は空っぽの心を掠めていくけど

チャガウォジン ピョケ キデオ
차가워진 벽에 기대어
冷たくなった壁にもたれて

モリ パルガオヌン セビョカヌル パラボアヨ
멀리 밝아오는 새벽하늘 바라보아요
彼方から明るくなる 夜明けの空を眺めてる

ポゴ シッチマン カッカイ ガル ス オプソ
보고 싶지만 가까이 갈 수 없어
会いたいけど 近づくことはできない

イジェン クデ ギョトゥル ットナガヤ ヘ
이젠 그대 곁을 떠나가야 해
もう君のそばを去らなきゃ

ウェロウォッソットン ナエ メマルン ク トゥ ヌネ
외로웠었던 나의 메마른 그 두 눈에
孤独だった僕のうつろな瞳に

クゴ ッタトゥタン サランウル ジュオットン
크고 따뜻한 사랑을 주었던
大きく温かな愛をくれた

クデ ギョトゥル イジェ ットナヌン ゴスル
그대 곁을 이제 떠나는 것을
君のそばを 今 去ることを

フフェ ハルジド モルジマン
후회 할지도 모르지만
後悔するかもしれないけど

クデル サランハギ ッテムニヤ
그댈 사랑하기 때문이야
君を愛してるから

クデマヌル サランハヌン ゴル
그대만을 사랑하는 걸
君だけを愛することを

イジュル スヌン オッチマン
잊을 수는 없지만
忘れることはできないけど

スルプム ソゲ クデル チウォヤマン ヘ
슬픔 속에 그댈 지워야만 해
悲しみの中に君を消さなきゃ

ヌンブシン ヘッサル アレ
눈부신 햇살 아래
眩しい日差しの下

マヌン サラムドゥルン モスン ジミョ コッコ イッチマン
많은 사람들은 못음 지며 걷고 있지만
たくさんの人たちが 微笑んで歩いてるけど

チャガッケマン ヌッキョジヌン
차갑게만 느껴지는
冷たく感じられる

カウル ハヌルチョロム オン セサンイ ナッソルゲ ポヨ
가을 하늘처럼 온 세상이 낯설게 보여
秋空のように 世の中の全てが見慣れなくて

サランハジマン ットナル スバッケ オプソ
사랑하지만 떠날 수밖에 없어
愛してるけど 去ることしかできない

チグミ スンガニ ノム ヒンドゥロ
지금 이 순간이 너무 힘들어
今 この瞬間が辛すぎる

オドゥウォッチマン ナヌン アル ス イッソッソ
어두웠지만 나는 알 수 있었어
暗かったけど 僕には分かったんだ

クデ ヌンカエ フルヌン ヌンムルル
그대 눈가에 흐르는 눈물을
君の瞳から こぼれ落ちる涙を

ナン クデエゲ サンチョマヌル チュジマン
난 그대에게 상처만을 주지만
君を傷つけることしか出来なかったけど

オンジェンガヌン ネ マウムル
언젠가는 내 마음을
いつかは僕の心を

イヘハル ス イッケッチ
이해할 수 있겠지
解ってくれるかな

クデ ギョトゥル イジェ ットナヌン ゴスル
그대 곁을 이제 떠나는 것을
君のそばを 今 去ることを

フフェ ハルジド モルジマン
후회 할지도 모르지만
後悔するかもしれないけど

クデル サランハギ ッテムニヤ
그댈 사랑하기 때문이야
君を愛してるから

クデマヌル サランハヌン ゴル
그대만을 사랑하는 걸
君だけを愛することを

イジュル スヌン オッチマン
잊을 수는 없지만
忘れることはできないけど

スルプム ソゲ クデル チウォヤマン ヘ
슬픔 속에 그댈 지워야만 해
悲しみの中に君を消さなきゃ

フフェ ハルジド モルジマン
후회 할지도 모르지만
後悔するかもしれないけど

ハランハヌン クデヨ アンニョン
사랑하는 그대여 안녕
愛する君よ さよなら




この記事を書いたユーザー

愛世界 このユーザーの他の記事を見る

こんにちわ 愛世界です。心に止まった事をお届けできたらと思っています。
誰かを忘れられない貴方へというブログをやってます。
http://ameblo.jp/aisekai25/

得意ジャンル
  • おでかけ
  • 育児
  • 料理
  • テレビ
  • エンタメ
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら