夫に気付かせたい家庭の事情



多くの若い世代の家庭が共働きしなければならない時代ですが、少しでも節約し家計を守っていく必要があり、夫は仕事が大変、でも収入は厳しかったりします。

そうしたときに実は苦しいということを口にしなくてもわかってもらえる方法を紹介。

給料が入れば、肉、野菜をたくさんつかった豪華な食事、サラダも彩豪華なものがいい。

ですが、だんだん月末になれば財布が寂しくなり、無理せず素朴なものにしてしまう。

出す品数を1・2品少なくしてみることもいい。

その時一言簡単なものでごめんと添えてみるといい。

夫は少なくても給料が出たばかりのころの食事との差に気が付くはず。

夫の前であれこれほしいものを言ってみて、買えばいいと言ってくれたら、財布と相談してみると軽く答えておく。

ですがいつまでも変えないといった現実を見せつけ、そこでほしいなあと言ってみる。

そうすればほしくても買えないと思ってくれるはず。

自分はひたすら我慢することが大事で、夫がほしいものは、誕生日など1年に1回だけ

買ってあげ、そうすれば俺ばかりで申し訳ないといった気分になって無駄遣いしないようになる。

そこで一言、いつも頑張ってくれてるから1年に1度ぐらい贅沢をというセリフが大事。

1番使う時期のアンペア数は?電気容量の変更法

自宅アンペア数は知っていますか?

生活スタイルに合わせ変更してみれば節約になります。

私は契約アンペアが30Aでしたが、20Aで十分だと分かりました。

ここで同時に使う電気製品を入力して、必要アンペア数計算ができます。

先ず電気会社に連絡し、変更のため訪問してもらう日取り、何A変更したいかをきめます。

訪問してもらって、数十分ほどで変更完了に。

基本使用料が安くなって、30A(780円)→20A(520円)に。

一回変更すると1年は変更できません。

Aを下げるとき慎重に計算してください。冬のほうが夏より消費量が多いです。

空調や掃除機、電子レンジなど同時に使って大丈夫?再度確認を。


家でぬくぬくして電気代を浮かせるには

光熱費節約をしたいが、冬の寒さを我慢するのは嫌だ。家なら暖かい方がいいという時寒さ対策ができるものを紹介。

靴下、レッグウォ―マーは冬に活躍します。家で使うならもこもこのほうが見た目もあたたかい。

体を締め付けるタイプなら血行を邪魔してしまい、緩めのものを選ぶといいです。マシュマロ素材などふわっとしたものは、見た目、手触りがよいです。

発熱素材、肌に優しいシルク素材など好み、体質に合わせ選びましょう。

汗冷えする方は、吸湿発熱素材が便利。

腹巻、毛色のパンツも自宅の冷え対策によく、これもあまり締め付けてしまうタイプは血行を邪魔してしまって、ゆったり目のものを選んだ方が暖か。

腹巻、毛糸パンツが一体化したものが便利です。

自宅でまったりしたいとき便利な切るタイプの毛布があり、動き回るときには向かないですが、テレビなどを見るときくつろぎたいときにあたたくていいです。

寝る以外に、食事やテレビを見るときにも湯たんぽは便利。

自宅にいるとき、家事するため動き回るとき使えるもの、くつろいで動かないとき利用するのなど目的に応じ用意しておきましょう。

半年だけ安く一人暮らしする方法(学生限定)

一人暮らししてみたいが、踏ん切りがつかなかったり、卒業前半年だけ一人暮らしをといった学生向けの方法ですが、節約してみたい方は参考に。

不動産屋のUniLife

このサイトは学生マンションを探せます。

ここでは8月ごろからモニター物件といった名目で紹介していて、家賃が下げられていて都心で4.6万ぐらいが相場。

メリットは初期費用が安く、敷金(私は10万円)と保険金ぐらいでこれに家賃を入れ、最初払うのは15万ぐらい。

敷金もクリーニング代・鍵交換代を引き7万円ぐらいが退去時に戻ります。

マンション設備もそこそこ便利で住むのに不自由がないです。

デメリットですが、モニター物件を活用する条件に、年度末までの定期建物賃貸借契約というものがあって、年度末になったら更新できず、必ず出て行かなければならないです。

そして、クレジットカード契約が必要で、私は、申込み時に系列会社のカード作成が必須でした。これを作ることで、値段を下げているということ。

トータルのコストはこのレベルの部屋だと安い気がします。

学生限定ですから、いざというときに。

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス