自分の着る服の選び方は人それぞれです。
私の場合は、完全にインスピレーションで、コレ良いな!と思ったら即購入タイプです。
ちゃんと試着した着た感じを確かめてからです。

でも、多くの女性が何店もお店を周ってから、服を決めると言われています。
そして、服を売っているお店で絶対に店員さんに話しかけられた経験があるはずです。
一体、どう思ったり、どう接していますか?

私が若い頃は・・・。

出典足成

若い頃は服を買う時にお店に入るのが、憂鬱になるぐらい店員さんが苦手でした。
店頭で、ちょっと服に触れただけで「この服の素材がいいんです!」とすぐに声をかけられて、うまく対応できないので、すぐに帰ってしまうぐらい。
服をゆっくり自分で見ることが、できませんでした。

友だちにこのことを話すの色んな対応をしていることがわかりました。
店員さんに話しかけられても、聞こえてないふりをして買い物を続ける子。
選ぼうか悩んでいると「この服今、私も着ているんです!」と言われ、だったら着たくないと思ったという子もいました。

劇的に変化した最近の私・・・。

出典足成

私もある一定の歳を越えたあたりから、服を選んでいて店員さんに「この服今日入荷したばかりなんです!」と声をかけられると「そうなんですか、可愛いですよね」と返せるようになりました。
どうしてか・・・歳を取ったからか、店員さんより自分が年上になったからか。

最近は、こうやって家で仕事をしているせいか、買い物先での店員さんとの会話を楽しめるまでになりました。
「この服試着したいんですけど、入らないかも」と言ってみると「チャレンジ精神が大切です」「そうですよね」と会話できます。

自分が赤ちゃん服の店員になり立場逆転!

出典足成

短期アルバイトでしたが、私は赤ちゃん服のお店の店員をしたことがあります。
そこで言われたのが、必ずお客様に声をかけること。
やっぱり、店員さんも声をかけるようにと言われているのです。

すると、やはり「このお洋服他にも、サイズがありますよ」と声をかけた経験があります。
そして、冷たい対応も経験しましたが、気持ちはわかります。
店員さん側も大変なのです。

良い店員さん・悪い店員さん!!

出典足成

今までの服を買うお店での経験から、良い店員さんと正直、悪い店員さんがいます!

悪い店員さんは、ただ売りたいだけの人です。
自分でも試着し鏡を見て明らかにおかしいのに、ほめちぎってくる。
やたらと、この服にはこのスカートも合いますと持ってくる。

とっておきは、私自身が体験したのですが、試着室から出さない。
1度試着して、気に入らないと、次から次へと服を持って来続ける。
この時「もういいです」と言えない雰囲気があり、1着買うはめに。
やはり、その服は1度も着ていません。

でも、接していてこの店員さんは本当に服に詳しいと思う人が、良い店員さんです。
例えば、服選びに困っていると「今の季節だとこの色がよく出ています」とか。
試着した際に、「この服は、重ね着ができますし、インナーの色がグレーだと意外と透けませんよ」とプチ情報を教えてくれる人がいます。

服が好きだからこそできる接客ではないでしょうか?
インナーの色の知識は、自分のお店の売り上げとは関係ないのに、実際に着る人の側として知りたい知識を教えてくれる。

それは、ある程度こちらから質問すれば、どっちに該当する店員さんかわかります。
この人、いろんなこと教えてくれて良いなと思うと、名札に店長と書いてあったり。
そう、良い店員さんは出世しています。

服は一生必要で、お店に行くことも欠かせません。
良い店員さんを見極めて、自分で納得できる服選びをしたいものです。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明芽 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス