盛り塩の皿が割れてる・・・

今から6年くらい前に、東京でアルバイトしてた。

その頃はアルバイトが終わって、同僚の先輩がよく飲みに連れて行ってくれた。

ある時、いつもの様に先輩と飲みに行って、ベロンベロンになって初めて先輩の家になだれ込んだ。




先輩は両親が離婚した後、今まで住んでた一軒家に一人暮らししてた。

先輩の部屋は2階で、部屋に入るとめちゃくちゃ散らかってんの。

もうゴミ屋敷みたいな部屋でカビだらけのカップラーメンとかあったくらい。

カーペットも何もかも埃だらけ。

俺「うわ~・・・なんだこれ。」と酔っぱらいながらも思った。

そんな中、何か発見。




白い小皿の上に塩?みたいな粉が盛ってあって、その上に7センチくらいの石が乗ってある。

聞いてみると粉は塩で、石は先輩の家のお墓がある周りの石を拾ってきたそう。

先輩いわく、「俺が拾ってきた。墓の周りの石はご先祖様が守ってくれる。」だとのこと。















小皿







こんな感じ。

ただ、その小皿がバキバキに割れてんの。ものすごく細かく。

割れてるんだけど皿の形にはなってる。




分かりにくいかもしれないが、もしこれを人為的に作ろうと思ったら、皿をバキバキに細かく割って、それをピンセットとかで元の形に組み直さなければ皿の形にならない。

石が塩の上に乗ってあって、それを支えている皿だけがバキバキなってるって意味分からないと思い、先輩に聞いてみると「多分、何か悪いものでも吸い過ぎたんだじゃない?」って言われた。




石は何かを蓄積というか、吸ったり記憶したりすると聞いたことがあったので、何となく納得し、その部屋自体がゴミ屋敷だったのもあって「悪いもの」というのも理解できた。




俺自体はオカルトは好きだったが、霊体験はなし。

でもそんな部屋にいるのは嫌だったので、朝方帰った。




その頃、先輩は荒れてて飲み方もおかしかったけど、そこから引っ越して何か落ち着いてた。

霊能者に調べてもらったとかじゃなくて、原因ははっきりしなかったけど、この目で見た唯一の変な事でした。

女性の霊と二人暮らし

148 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 09:32:50 ID:wuk1lLvD0
東京に住んで7年の30歳。
最初に住んだところが会社から遠くて、もっと便利な2つめのマンション?に引っ越した。
日当たりの悪い狭い1kだったんだけど、そこでちょっとうつ状態みたいになったんだよね。
会社にはなんとか行くけど眠れない、食欲ない。
平均3時間睡眠くらいが転居してから1年くらい続き、顔色も酷くなって、上司にたまに指摘されるくらいになった。
社会人だが仕事以外はヒキコモリ状態で、部屋の掃除もろくにしない方だ。が、そのときは異常だった。
会社から帰ったらゴミを出しにいくのもめんどくさくて、隅にゴミ袋山積み。
コップ、食器も極力洗わない。面倒でしかたがない。

ある時、地元の親が何かの折にオレの顔を見に寄って、オレの惨状を見て悲鳴をあげた。
うちの母はわりと家相とかオカルトチックなことを、気にしたり趣味にしてるようなものなので、
その場で携帯で自称霊能者みたいな、だけどわりと評判のいいらしいオバチャン(電器屋経営)に、
電話で話しはじめた。
携帯で何がわかるんだ。またはじまったよ。あ─あ。
と思って黙っていたら、母が電話に出ろという。

149 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 09:40:30 ID:wuk1lLvD0
そのオバチャンとは面識もなく話すことなど何もないけれど、出ろというからでて話した。
「こんにちは」とか、「はじめまして」みたいな話のあと、
『あなたが息子さんね』みたいに始って、いくつか聞かれた。
『仕事に慣れた?』とか『彼女は?』とか『ゴミは出してる?』とか・・・よく分らないまとまりのないことを。

で、「彼女あ暫くいない」とか、母の前でも言いたくないが、穏便にwと思って、
「ええ」「まあまあ」とか返事をしていた。
で、部屋の掃除をあまりしてないことを言われて、「もともと不精なもので・・」と返していたら、
『机の上のコップはいくつ?』と聞いてくる。
飲みかけと出しっぱなし、母にだしたペットボトルのお茶とか答えていたら、
『洗面所に歯ブラシは何本』とか聞いてきて、
古い捨てる寸前の、というか出しっぱなしにしていた歯ブラシと、新しい歯ブラシの2本。
その他、シンクに洗わずに置いてある食器の数とか聞かれて答えていたら、殆どが2対だった。

150 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 09:49:15 ID:wuk1lLvD0
そんなこんなで母親にまた携帯を返し、母もなにか話していたが、すぐにまた代われといわれてオバチャンと話した。
オバチャンは、
『今の状態はうつ状態みたいだけど心配はない。その部屋をでればよくなるわよ』
と言う様なことを言って、
『とにかくマメに掃除をして、それだけは必ずしなさい。空気の入れ替えをよくしなさい』
とだけ、アドバイスのようなことを言ってくれた。
その時の状態は酷かったので、まあワラにもすがるというほどではないけれど、
心配顔の母が帰った翌日wから、なんとか言われたとおり、掃除とゴミだしを少しは心がけるようにし、
部屋の換気も気をつけた。

2ヶ月後くらいに、同じような便利さのところに引っ越せたが、
それまでの2ヶ月はやっぱり不眠、食欲不振に悩まされた。
掃除や換気のせいか、少しは楽になった感じもあったため、
面倒だったが、引越しは最優先でやっとの思いで敢行した。

151 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 09:59:59 ID:wuk1lLvD0新しい部屋は日当たりも悪くなく、同じように手狭ではあったが、居心地というか、空気感は前の部屋より全然良く感じた。その部屋が普通で、前の部屋はでてみるとすごく重苦しくて、息がつまってたような気もした。そして引越しの大仕事がやっと片付いた2、3日後、なぜか夜は寝つきがよくなり、食欲も戻ってきた。顔色も戻ったらしく、会社でも、「最近は元気そうだな。一時は結構ひどい顔してたぞ。本当に具合悪かったのか」などというようなことを2、3人に言われるくらい良くなったようだった。勿論、自分でもかなり快調になり、前の部屋にいた2年弱が随分酷かったことを実感した。ここまで読んでいただけたらすでに予想通りと思われるが、引っ越してかなり順調になった後日、母づてにオバチャンの話を聞いたところ、オバチャン曰く、部屋にはかつてそこで亡くなった(自殺した?)女性がそのまま居ついており、オレはその女性に気に入られたんだそうだ。なので、コップや食器や歯ブラシが対で出しっぱなしにしていたのは、その女の人の分なんだと。勿論俄かに信じがたく、今だにちょっと眉に唾だと思うが、言われた時はぞっとした。オバチャンは、その女性は部屋からは出れないので、部屋を替わればいい、と分ったんだそうだ。
152 :本当にあった怖い名無し:2008/08/16(土) 10:13:20 ID:wuk1lLvD0母づての話なので、細部が定かではないが、部屋が汚くなるのは、一般的に霊に取り憑かれた人にはよくあることで、気力も体力も萎え、端から見るといい加減でだらしのない人間に見えてしまうという。部屋も散らかり放題になる。ところがオレの場合、その女性がオレの伴侶のつもりで、掃除も洗い物もゴミ出しもw自分の役目だと思っていたそうだ。それを携帯で話した内容でオバチャンは全て理解したという。勿論、女の霊に家事ができるわけもなく、食器もゴミもたまりにたまったところで、オレが何とか片付けていたわけだが・・・それでオレには、疲れていても家事をしっかりやるように言い、その女性の仕事というか役割を無視することで、霊の執着を切る作戦だったらしい。あとから指摘されれば、思い出す何もかもが腑に落ちる感じで気持ち悪かったが、オバチャンの理屈は、いちいち千里眼というよりは何か普通に理に適っていて、しかも解決方法も、当たり前といっちゃ当たり前のことだったので、はあ~そんなモノかな~案外そんなものなのかも、と思った。オレは本来、オカルト関係は興味はあるが幽霊とか信じないタイプなので、醒めた感想を言いたくなるが、そのときは結構ゾ─ッとさせられました。

押しつぶされる・・・!そして・・・

大学を卒業するちょっと前のこと。
友人(♀)が引越しを手伝って欲しいと言うので、食事二回分おごってもらう約束でOKした。
力仕事だったら男友達に頼むだろうし、私一人に頼むのだからたいした内容じゃないと思っていた。
せいぜい箱詰めとかごみ捨てとか。

ところが行ってみたら、おそろしいほどの汚部屋だった。
服とか本が積みあがっている上に、大量のゴミ袋。


しかもいくつかは汁気でたわんでいて、まだ寒いのにウジ虫がわいていた。
足元に積み重なった本もジットリ湿っていて茶色い。
細い獣道を通り抜けるとき、横に壁状に積みあがった本を触ったら、何か激しく動くチクチクした奴が手の上を走り、思わず悲鳴を上げてよろけたら、雪崩が起こって、両脇の本と服とゴミ袋が降ってきた。

気がついたら完全に埋まっていて、視界は真っ暗。
しかもほとんど息ができない。
orzみたいな格好で倒れたので、自分のひざと上のゴミで胸が圧迫されて空気が吸えない。
力一杯背を押し上げれば少しは息ができるが、猛烈なゴミ臭でせっかく吸っても咳き込んで吐いてしまう。
さらに首の後ろに何かとがったものが食い込んでいて、頭痛がするほど痛い。

友人が「ちょっとー!何やってんのよもー」とか言う声がしたので、思いっきり体を持ち上げ、なんとか空気を吸い込み「埋まった・・・助けて・・・」と言ったところ、

「えー、でもこっち荷物移すスペースないしー」

外から荷物出すしかないよぉ、あんた外に出て荷物出してよぉ、あたし出られないじゃん」と絶望的にバカな返事が。
もうダメなのか、私はここで圧死するのか。
友人は閉鎖空間で餓死すればいいが、私は死にたくない!

そう思ったとき、外から「なんだこりゃ!中にだれかいるか!」と人の声が。

バカ友人は「あー何でもないっす!」と焦った声で返したが、(恥ずかしかったんだとさ)私は最後の気力を振り絞って「埋まってます・・・助けてください・・・」と叫んだ。

すぐに背後からバサッ、バサッと物をどける音がして、また雪崩が起こるザザーッという音がしたかと思うと、急に背中が楽になり立ち上がることができた。
玄関を見たら、助けてくれたらしいおじさん二人とおばさん一人がゴミに押し流されて、一人はなかば埋まり、二人はへたりこんでいた。

その後友人は、おばさん(大家だったらしい)に叱られまくり、親を呼ばれていた。
私は手足・顔の擦り傷と、首の後ろから背中にかけての打ち身でしばらく苦しんだ。

で、なにが怖いかというと、私が埋まっていたちょうど真下の本の地層から、“いつの間にかいなくなった”はずの友人のハムスターが、ペッタンコ状態で出土したことだ。

お風呂に入っていると・・・

小さな賃貸マンションで一人暮らししてる。他の部屋は家族ばかり。
付き合ってる彼女と暮らせたらなぁとここを借りた。
まあ複雑な事情があって、彼女が部屋に来ることは年に一回もない。
週一くらいで俺が彼女の家に遊びに行く付き合いが続いている。

俺自身も色々あり、ここ半年はほぼ引きこもり。汚部屋状態。
眺めのよい三階建ての302号室。
友達もおらず、2chとネットと睡眠と読書の日々。



一ヶ月くらい前の出来事。

夜、風呂に入っていた。
いつものようにまずお湯を浴び、のんびり湯船につかり、次に頭を洗う。
体を洗っているときに、風がスーッと吹き込んできたのに気が付き、手を止めた。
ドアの下部にあるスリットからだった。
玄関から誰かが来て風が動いたのかな思った。

『彼女かな?』
ドアを開けて部屋の様子を伺うが何の物音もしない。
彼女なわけない。ベルも鳴らさず夜に突然来るはずがない。
彼女はうちには来ない。というか、うちには誰も来ない。

『ベランダの窓からの風かな…』
なんとなくしょんぼりしてまた体を洗い、湯船につかり、風呂を出た。

それからいつもと何も変わらない引きこもりの日が二日続いた。
三日目に異変が起きた。

また風呂に入っていた。
引きこもりなので風呂はいつも二日おきくらい。

いつも通りお湯を浴び、湯船につかり、湯船から出て椅子に座り、
シャンプーし、手桶で頭からお湯をかけシャンプーを流し、
ふと天井を見ると、メンテナンスの為に作られている押し上げ蓋(扉?)が10cmほどずれている。

手を止めて隙間から見える暗闇を見つめる。

『伸びとかしてぶつけたっけ?』『風呂に入る時には気が付かなかったな』『いつからだ?』
押し上げ蓋は30cm四方くらい。引越してきたときに覗いたような気がする程度。

『ま、いっか』
20秒くらい見つめた後に立ち上がり蓋を少し持ち上げズレを直した。

体を洗いながら思い出し、そして気付いた。この前の吹き込んできた風のことを。

風呂に窓は無く、部屋に風が吹こうとも空気が入ってくるのはおかしいと。
だいたい俺は冬でもいつもベランダの窓は開けてたのに、
風呂に風が吹き込んでくることなんて一度もなかったことを。

湯船につかりながら天井を見つめる。
『つい最近、誰かがここを開けたんだ…そして閉めなかった…』
今まさに天井裏にいるのか、この前の時にいたのか。

それから数日とても緊張した日々が続いた。

あれ以来異変はない
でも押し上げ蓋から天井裏を覗く勇気はまだない
何者かがいた形跡があっても無くてもそれを確認するのは恐ろしい
つまり犯罪者であろうと幽霊の類いであろうと、
何者かが自分を見ていただろうという事実を認めたくない

汚部屋を片付けはじめた

ちょっとした物音にも敏感に反応し、眠る時も明かりはつけたまま。
廊下を通る足音がする度に覗きに行き、携帯メールにも怯えた。
風呂は短めに、天井の押し上げ蓋を見つめ動かした形跡がないかを何回も確かめる。
幽霊のたぐいかもしれないと、このオカ板を見るようにもなった。

日にちが経つごとに、自分が本当に一人なことに気が付いた。
もし三階に住む誰かが覗きか盗みの目的で天井裏を行き来していたとして、
他の誰かがそれに気付き警察に通報し、捜査が行われたとしたら、
自分は最も疑われるだろうと。

男一人暮らし、無職引きこもり、汚部屋。アリバイもない。
慌ててHDDのエロ画像と動画は全て捨てたが何の役にも立たない。
もし自分が侵入してきた誰かに殺されても、発見されるのは相当遅れるだろう。

俺はこの広い広い世界で誰とも繋がっていなかった。
それが今なによりも怖い。

埼玉東部で一人暮らしの男が部屋で何者かに殺されたら、この書き込みを思い出してほしい。


以上、長文すまんかった。

この記事を書いたユーザー

青空マン このユーザーの他の記事を見る

青空マンです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 広告
  • 育児
  • 暮らし
  • ゲーム
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス