冷凍室の片づけ法

冷凍すれば食材が長持ちしますが、あれこれやりたくなってしまって、なかなか冷凍庫の中が片付かなかったりします。


店頭で冷凍された状態で売られているものは、解凍しすぐ食べるつもりでなければ、そのまま冷凍を。アイスや冷凍食品など。

私が勧める冷凍室に入れておくといいのは食パンで、私はいつも食パンを纏め売してすぐ食べない分冷凍してます。

食パンは常温で保存すればカビが生えやすく、パサついた食感になったりしますが、冷凍しておけば長期間いたまず、解凍するとしっとりおいしい状態になって食べられます。

肉をまとめ買いしたら、小分けにして少量ラップでくるみ冷凍してみましょう。解凍するとき必要な分解凍できます。

肉、魚など冷凍されたのを一回解凍して、それを再度冷凍するとき注意が必要となり、傷みやすく味が変わったりします。

それかられたす、もやしなどすいぶんがおおいやさいもれいとうにむきません。 

タッパーや箱に入ってるのは重ねられますから便利。見やすく取り出しやすいです。

冷凍庫の奥に入って忘れているものがないように、定期的に冷凍庫の中を全部出し在庫チェックをしてください。その時賞味期限チェックをし期限が近いものを手前に置きます。

はこ、パックなどたてられるのはたて省ペース化を。

野菜を多めに買ったら茹でてタッパーで保存してください。

食パンは袋のまま冷凍し、パンは完全に凍るまで上に物を載せないでください。

凍りきる前に物をのせてしまえば、パンがつぶれてしまったり、形がゆがんで凍ってしまいます。

袋のものはドアの内側に収納を。

かさねることができない袋物はドアの内側に入れることで、見やすく取り出しやすくなり、ドアをあけたらすぐ目がつきますから、賞味期限が切れるまで法くすることもないです。

箱など建てられるのはベンズ縦スペース有効活用を。そして一番のポイントは冷凍室に物を入れ過ぎないようにし、中のものをできるだけ消費してから新しいものを買ってください。

大きいものは奥か横において、小さなものは手前におけば、全体を見渡しやすいです。ですがドアの内側にたくさん積めれば、開け閉めの邪魔となり、適量がいいでしょう。

スープや茹でたばかりの野菜などあつい状態のものを冷凍庫に入れるのはやめてください。

あついのはあらかじめ覚まして冷凍室に入れてください。



引越し費用を抑えるには

家を新築して予定良い大幅に費用がかかりましたが、キャッシュを生み出すために引っ越し費用を抑えました。

1か月前に段ボールをもらって、時間のある時徐々に詰めていき、1週間前に親に来てもらって部屋の掃除。綺麗にしておくと敷金が全額返金されるので頑張りました。

トイレのウォシュレットを外したり、不要な家具をリサイクルに売ったりして、綺麗に使っていると割と高く値段がつきます。


買いとられないものは、解体しゴミ処理場にもっていって、廃棄料節約を。業者にもっていってもらうよりかはお得です。

前日はほぼ徹夜で何とか段ボールへ詰めました。

後から探しやすい用段ボールに詰めるのはかなり作業量となり、業者に段ボールへの詰込みから全部やってもらうと20~30万円になるようで、忙しくお金に余裕があれば利用してみてもいいでしょう。

引越して包丁を旧居に忘れたことに気がついてすぐ電話しました。扉の裏に収納してアリ気がつかなかったです。クリーニングに入ると立ち入り禁止になって捨てられてしまうようで、何とか間に合いました。

前日慌てて荷物をつめたのも原因ですが、余裕を持って行動することが大切でした。

あいさつ回りにかっておいた粗品をなくしてしまって、大変でしたが、これは手荷物にしてみたり分かりやすくしてみるといいです。

また、基本パックのほうが安く済み、おき場所を考えて後片付けもできます。大型家具の置き場所は事前に決めておけば設置してくれます。

作業前業者の方にペットボトルをわたしましたが、作業中は飲食禁止みたいでした。

作業後渡してみればと思いました。

細かいところで節電をするには

照明は部屋全体を照らしてくれたりしますが、複数の照明を使い分けてみれば少ない電力で住みます。

間接照明を複数つかってみれば全体の消費電力を抑えて必要な明るさを得られてデスクワークだと机周りだけ、テレビはテレビ周りだけ漬けてます。移動できるスタンド、アームで方向を変えるライトがあれば便利。

テレビを見るとき部屋全体が明るい必要はなくて、テレビがある壁側を照らすだけで純分だったりして、画面に反射しないようライトの方向を調整して、自分側を暗くしてみれば画面に自分の姿を映り込んでしまうのも防げます。 

小さいお子様がいれば明るくした方がいいです。

冷暖房を節約のため夏閉じこもっているより、窓やドアを少し開けて風通し良くした方が体感温度も下がり、ペットボトルに水を用意して水分補給してください。

直射日光が当たるベランダや窓は、毛布や布団をッ外に干して遮られます。

ですが夏の暑さを我慢すれば熱中症になったりしますから無理しないでください。

冬家の中でキルトのコート、斑点など余分に着てみれば、室内温度15度ぐらいまで暖房なしで過ごせて、家事など動くときは脱ぎ、デスクワークには1枚重ね着してみればいいです。

最近ハイビジョンやレコーダーの消費電力がかなりのものといったことは気付いているかもしれませんが、私は朝の情報番組、少しだけ興味があるようなものは、携帯のワンセグで鑑賞。最近のものは部屋の中でもよく入り、朝支度をして天気やニュースを見たりするには十分です。

ながら見を辞めドラマなどしっかり見たい番組だけテレビで見たりしていて、レコーダーも録画中と視聴中で2倍電力を使いますから、なるべくリアルタイムで見ています。録画するものはなるべく少ない方が時間節約となり、録画番組整理も楽に。

iPhoneアプリ管理のためマインドマップ式整理を

マインドマップは、一つのテーマに対し関連があるテーマを紐づけしていく発想法です。


これを応用して、iPhoneユーザービリティに優れたホーム画面へカスタムしましょう。


基本は使用頻度が高いアプリをベースに、それに関連するアプリをそばに沿えること。

ホビー

特に配置場所は指定しませんがマインドマップは常に意識を。写真が趣味である私は取ったものを自分好みに加工したくて、Vintiqueという写真加工アプリを使ってます。

撮った写真や加工したものを日付別に確認したくて、PhotoCalという写真カレンダーアプリも使ってます。

そして保存した写真をバックアップとiPhone要領節約のためクラウドに移行したくて、SugarSyncというアプリも使ってます。

このようにベースアプリを使う上で、それを補完する機能があるアプリをそばに添えてみることがマインドマップの整理術の基本となります。

撮る→加工→閲覧→保存

スケジュール

カレンダーをベースに予定管理。カレンダーやメモに書いた内容を実行しなければならない時、リマインダーを使って確実にタスク達成するようにしてます。

そして近くの天気、マップを添えてみれば、予定を補完する情報で仕事先の天気やレストランまでの道のりなど確認できます。

そして家計簿アプリもそばにおくと便利で、私は毎日使ったお金をメモし、それをカレンダーに記した予定と照らし合わせ、何にどれだけ使ったか統計を取って、節約に役だててます。

予定を意識→実行→予定を補完

コンタクト
連絡を取るため当然連絡先を知らないと連絡できず、連作先をベースアプリの【電話】【メッセージ】【メール】の近くにそえて、その連絡先を得るため交通手段が必要に。

ですので、連絡先交換アプリのBump、ID検索、「ふるふる」といった独自交換法を提案する【LINE】も近くに添えます。

連絡→連絡先→交換

この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら