キャンプでの効率的片付けとは

キャンプの片づけで活躍してくれる新聞紙ですが、山でテントを張っていれば雨は降らなくても結露が多く、テントがびしょ濡れ。床も濡れて、ひどいときは水たまりになってしまったり。それを緩和してくれるものが新聞紙。

天と床に敷き詰めれば、水分を吸い取ってくれます。これによって撤収をスムーズに行えます。

キャンプでバーベキューをしたら、そのまま流して洗えますが、新聞紙で油の大半を拭き取れば、あらって撤収することを短時間で行えます。

水節約となり、下水に流す汚水を少なく抑えられ、使う洗剤量も節約に。

キャンプで使い捨て割りばしをビニールにいれ捨てるときに。そのまま袋にいれればビニール袋から飛び出し、穴もあいて汁がこぼれてきたりしますから、2度手間に。割りばしはまとめて新聞紙で包み捨てるようにしてみれば、袋を破ることがなくて撤収をスムーズに行えます。

昔新聞紙を忘れてしまって、夜仕方なくしかないで寝ました。

そしたら朝テントの床が水浸しで低い場所にたまった水をタオルですって外で搾る作業を何度もしなければならず、私物も濡れてしまい拭かないと行けなくて、撤収までとても余分が時間がかかりました。

新聞を敷くことで水たまりができることも防げ、これをぞうきん代わりにしものを老けます。

油でよごれた鉄板、道具を事前に新聞でふき取らなければ、洗うためのスポンジが油の塊みたいになって、そのスポンジで洗ったのが油だらけになって、落とすにも時間がかかります。

新聞であらかじめふくと早くてきれい。

割りばしをビニールに捨てるとき、新聞紙に包まなければビニールから飛び出し粗が空きますが、ごみを車に積んだら、穴から汁が出てしまって車が汚れます。そうすると、袋を入れ替えたり二重にするなど時間がかかります。

割りばしを新聞に包み捨ててみると、ビニールを破かずゴミの撤収が早いです。



夫婦が愛を深めるコツ

恋人と長い生活をして、喧嘩や、マンネリにんあってないでしょうか。それでも同じ家に帰らなくてはならないです。

相手の好きな気持ち、二人の生活は別物。

愛を今以上に深めて心地よくなれるよう今の生活を見直してみましょう。

貴方は一緒に暮らす恋人の間にルールがあるでしょうか?

一緒に暮らす中これはお互い守っておくといったルールを作れば、喧嘩も少なくなります。

一人の時間をお互い創る、料理は彼女が作る代わり、食後コーヒーは彼が入れるなど登板を作れば、「私が家事ばかりするのは疲れる」、「俺だって疲れる」などでけんかになったりもしません。

ご飯を作ってくれたり、リモコンをとってくれたり、ゴミ捨てをしてくれたり、小さいことでも「ありがとう」といった言葉は大事。

こうしたことを日常になって面倒でも声に出してみれば気持ちよくなります。

毎日一緒に過ごせば、相手の小さい変化を見落としてしまいがちですが、こんなことは言いたくないとストレスをためていたりします。

日々人の心は変化しており、相手の変化に気づいて、相手が心地よく生活できるよう気を配ってください。

お弁当、ご飯の残す量で、大量、食欲を見る、ィ日にの会話で相手のその日興味を持ったことなど関心を寄せてみてください。

一緒に住めば節約は大事ですが、二人の楽しい時間を節約するのは考え物。月何度も外出することは無理でも、3か月に1回でもいいですから、デート、旅行を楽しみましょう。

映画、ランチ、飲みに行くなど旅行は遠くに行かなくても近くの温泉に日帰りといった感じでよいです。

楽しい思い出作りをしてください。

冷凍庫をフル活用するために

きょうはついスーパーが特売で買いすぎてしまったといったことはないでしょうか?


冷蔵保存するも盛で買っても、いざ冷凍庫をあけると、パンパンではいらない。

そうなる前に冷凍庫をすっきりさせ、節約を。


安売りの肉、魚をパックごと冷凍してないでしょうか?

買ったときのひと手間で冷凍庫もすっきりします。

冷凍する前肉などパックなどから出し、ラップで包む、ビニール袋に入れかてください。

こうしてみれば冷凍焼け、酸化を防げて鮮度が保てます。

包むときしっかり包んでください。そして透明のビニール袋に入れてみれば安心します。

その時解凍しやすくするため、冷凍庫の場所をとらないようにしておくためなるべく平らになるようにして、1回分で使える分を包んでください。

もし2パック一度に使うとき2パック分纏めてつつみ、鶏肉は使いやすいよう切っておいてもよく、皮をとるなどした処理して入れてみれば、解凍後すぐ使えてお得。

魚の切り身も、家族分纏めて包めば扱いが楽。

そして、どんなものが入ってるかわかるようさっと取れるよう冷凍庫になるべく立ててしまいます。

ひき肉はジッパーのついてる袋に入れ、等間隔にくぼみをつけると凍った状態で板チョコみたいに折って簡単に使えます。

冷凍は肉、魚以外に野菜も。

ねぎは小口切りにして冷凍すると好きな時取り出し使えて便利。

スープなどくたくたになった玉ねぎがほしければ生の玉ねぎをきって冷凍して、使うときそのまま鍋に入れれば、炒める時間も少なく済みます。

一回冷凍してみれば、玉ねぎの組織が壊れており、短時間で柔らかく甘みを出せます。

大容量のベーコンもスープに使うとき幅1センチ、パスタに使うとき幅2センチと好みに切って冷凍することで必要な分を解凍できます。

ですがすべてのものが冷凍に向くわけではなくて、豆腐は冷凍するとスカスカになり、ジャガイモもおいしくなくなります。

野菜のカット、魚肉など面倒な下ごしらえも買ったその日まとめてやってしまうと1回で済みます。


日焼け対策のポイント

子供のころ海で遊び帰ってくると、数時間で真っ黒に日焼けしてしまった経験を持つ方が多いでしょう。


対策していてもうっかり一回忘れてしまうだけで、小麦色になりかねないで卯S。


食べたものを記録しておくと痩せていくといった話を聞いたことがあります。体重が食べればどんどん増えていくのと一緒で、肌も紫外線を浴びるほど日焼けするのです。

毎日のダイエットメモの横に、今日の日差しの強さ5段階ぐらいで書いてみてください。記録すると日焼けのことを意識しますから、売ったり対策忘れを防げます。

日焼け止めクリームの能力値のSPFは紫外線による赤い斑点ができる時間をどれだけ伸ばせるかというもので、日焼け止め能力値のSPFは紫外線の防御力ではなく防御時間ということ。

標準的なSPF30でも10時間だけで、本来これだけで一日日の下にいても斑点はできません。
私たちが日焼け止めクリームに求めているのは美白維持ですが、実際のクリームの能力は反転の防止なのです。

日焼け止めクリーム美白意地効果は、育毛剤と同等の期待値。

美白を維持したまま太陽の下を歩きたければ、紫外線にさらされてしまう時間を抑えないといけます。

紫外線を物理カットするため長袖のジャージ、大きな防止、マスクで顔をガード。

これで完璧と思っても真夏でもないのに汗だくで降参。

紫外線対策はすればするほど宇宙服みたいになってしますのです。さわやかな風を感じ楽しくなる前汗で大変なことに。

市販でも高性能のUVカットウエアが売っていて、密着の薄型タイプは蒸されることがないですが、重ね着には注意を。

早朝、夕方は火が強くなくて、日焼けの心配がないです。屋内は日焼けの心配がなく、夏でもすずしく過ごせます。

私たちのまわりを見ると、色白の方、小麦色の人など様々ですが、これは日焼け対策の結果ではなくて、生まれつきの体質によるもの。

ですので、あなたの体質に合う日焼け止め対策を見つけることが重要です。

そして、太陽の下で歩く気持ちよさは散歩そのもののモチベーションをあげ、日焼け対策に気をとれれて、本来の目的の散歩が中止されてしまっては意味がありません。



この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら