筆者、バーのマスターという仕事を、ここ12年くらいやっております。

出典弊店公式撮影担当「サワ」氏撮影

自営業ということで、色々な浮き沈みもある人気商売のようなもので、楽しいことばかりではありませんが、最近こんなことを思いました。

マスターという仕事をやっていると、女にモテるの?


それは知りません。僕は既婚者ですし、そんなことばかりを考えて仕事していたら、女性のお客様が来る度に興奮してしまいます。

そこはストイックというか、仕事なので、きちんと切り替えていくことが大事です。大事かなぁ…。

で、モテるの?

だ・か・ら…そういうことではありませんよ…

で、ぶっちゃけ、どうなのよ?

モテません!!

さて、今回の投稿は、そんな話ではありませんし、今、筆者は酔っていません。勿論シラフで書いております。

この仕事をさせて頂いて、大変有難い話ですが、マスターになって得をしていることを書いていきますので、最後まで宜しくどうぞお付き合いください。

で、話を戻して、得をすること。ズバリ、出逢いでしょう!

出典弊店写真担当「サワ」氏撮影

出逢いっていうのは、なにも恋愛とかそういうことではなくて、お客様全体のです。

筆者は今まで、変な話ですが、世の中の人にさほど敬意を払われない(と感じる)仕事に従事していました。

ただ、今回起業して思ったのは、大学院を出ていない筆者が人々に「マスター」と呼ばれ(笑)、正直鬱陶しいくらい人々に好かれますし(おじさん中心ですが…何か)、話を聞いてもらえてしまうし、良い話を一杯聞かせてもらえますし…そういう出逢いです。

再度言いますが、モテませんから!

出典弊店公式写真家「サワ」氏撮影

本来ならば、人前でお金を貰って講演しているような人の話(僕も、少しそういう感じですが…)を酒場では「タダ」で聞けてしまうんです。

筆者の店のお客様には、例えば、大きな年商を上げている経営者の方や、著名な占い師さんや、元裏世界の方や、上場企業の役職者や、政治家や、医学博士などもいます。

そういう方の、お金を払ってでも聞きたいような話をタダで聞けてしまうのです。

ある会社の社長の前職が化粧品の訪問販売で、その訪問先の奥様との情事…や、裏世界のお金の生々しい流れの話し等、あまり具体的には書けませんが、その体験者が語る話は、非常に興味深く社会勉強になります。

そういうことが、日々結構沢山転がっているのも、酒場ならですし、筆者に逢いに来てくれるお客様を通した世界が店番しながら眺められる感じがします。

そしてこんなことも…

筆者の家には、甘いものが無いなんてことがありません。それは、お客様方からお土産で色々頂けるからです。饅頭やチョコ、クッキー等が、何故かいつも筆者の家には沢山あります。

前職のタクシーの運転手の時など、お客様から何かを頂くなんてい事が殆ど無かったですから、随分職業によって違うものだと思いました。

但し、マスターは得と言っても、これだけは言っておきます。モテません。

そんなことで、マスター業も悪くないと思う感じの流れの時もあります。

いかがでしたか?

出典弊店公式カメラマン「サワ」氏撮影

ということで、バーのマスターというのは、サービス業と言われる職業の中では、比較的お客様に慕われたり敬意を払われたりしやすい職種と言えそうです。

お客様のご縁で、巨人戦のバックネット裏で野球を見たこともありますし、展覧会・美術展など無料で行ったことも数えきれませんし、暖房便座を頂いたこともありますし、衣類乾燥機を頂いたこともありますし、宮崎まで飛行機代を出して頂いたこともありますし、テレビに出演させて頂いたこともありますし、雑誌に掲載して頂いたこともありますし…切りがないくらいそういうことはあります。

この状況に感謝しています。今後も皆さんに愛される店でありマスター(筆者)でいられるように頑張らないといけませんね…

で、特にモテませんから!最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら