ぬるめのお湯をみぞおち程度まで張ってゆっくり時間を掛けて入浴する「半身浴」。
たっぷり汗をかくので、冷え性の改善やダイエットにも良いといわれ続けてきました。

半身浴中の過ごし方は人それぞれ。

最高のリラックスタイムとしてのんびり過ごしたり。

スマホをジップロックに入れて時間をつぶすのも定番ですね。
操作性の問題や水没のリスクもありそうですが…

他にも雑誌や小説を読んだり、ジュースを飲んだりお菓子を食べたり
色々なものをお風呂に持ち込んで1時間ほど半身浴を行う方が多いようです。

そこまでしますか。

でも、ちょっと待って!

実は半身浴よりももっと効果の高い「333入浴法」というものが存在するのです。
半身浴では38度~のぬるめのお湯に長く浸かりますが、ぬるいと感じる温度では体はその時点から温まることはないんです。冷え性には半身浴は効果がないどころか、逆に体が冷えてしまうとの指摘もあるほどです。
今話題の「333入浴法」は反復浴とも呼ばれるもので、半身浴よりも短い時間の入浴でも20~30分ジョギングしたのと同程度のカロリーが消費でき、代謝があがり入浴後のポカポカが長時間続きます。

気になる「333入浴法」のやり方は?

【1】お湯の温度は40度~41度。気持ち高めに設定します。湯量は肩まで浸かれるように張ります。
【2】湯船に肩までしっかり3分間浸かります。
【3】湯船の外にでて3分間休憩します。
【4】2・3を1セットとして3セット行います。

入浴例
湯船へ(3分)→髪を洗う(3分)→湯船へ(3分)→顔を洗う(3分)→湯船へ(3分)→体を洗う(3分)
このように合計18分で333入浴の完了です。

実際に「333入浴法」を試してみた方の感想。

20~30分のジョギングと同じ効果ですから、汗もかきますし想像以上に疲れるようです。
3セットが辛いと感じる場合は無理せず、体質・体調と相談しながら回数を調節してくださいね。
水分もしっかりと摂りましょう。

この記事を書いたユーザー

さかいまりも このユーザーの他の記事を見る

プラチナライターになりました。
歳をとっても「おんなのこ」らしくありたいと願うズボラ主婦。
プチプラ、可愛いもの、チョコレート好き。
札幌、新潟、東京、埼玉を行き来しています。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら