世界でその技術やデザイン、管理体制までが高く評価されている日本の電車。
通勤通学等で日本人は毎日のように利用しますよね。
最近では優先席付近の携帯電話ルールが変更されたり、電子公告を備えた車両まで登場し、その進化は止まることを知りません。

その反面、人間とは悲しいものでマナーの悪さや、「もっと改良してほしい」などの欲も尽きないものです。

そこで、実現不可能だけどあったらちょっと嬉しい機能をまとめてみました。

電車にあったらいいもの


①「コッソリヘルプボタン」
ボタンを押せば駅員さんが見回りに来てくれるボタンです。
ファミレスで店員さん呼ぶときのボタンみたいなやつですね。
ボタンを押して、「どうしました?」までしてくれなくていいけれども、ちょっと見に来てほしいという時重宝します。

たとえば、
・酔っ払いがドア付近の床や椅子を占領して寝ている時
・車内で携帯で通話している人がいる時
・電車内で本気の化粧を始める人がいる時
・ビールの缶がコロコローっと軽快に電車内を旅行している時
など。

非常ボタンを押すほどでもないが、自分で対処するには勇気がいるときですね。

昔は駅員さんが定期的に見回りにきてくれていたような気がするんですけど、今では全くないですよね。見回りが増えれば電車で注意されて相手を刺すなんて事件も起きないと思うのですが・・・

できればつり革一つ一つにつけてくれた方が、誰が押したかわからないので酔っ払いにばれなくて済むんですが、そうなると絶対いたずらする者がでるので、実現不可ですかねー。。。

②鏡
エレベーターのように壁が鏡だったら便利だと思うんです。
これ、結構役に立つとおもうんですよね。エレベーターに大きな鏡があるのは車椅子の方が後ろ等確認するためなので、電車にあってもいいとおもうんです。
痴漢も減るようなきがするんですけどね。
結構電車のドアを今でも鏡がわりに見ている人いますよね?いっそのこと鏡にしてしまった方がいいとおもうんですけど、そうなると女子高生やOLがドア前で化粧するためにごった返しそうなのでこれもボツですかね。

③降車駅表示座席
座っている人の降車駅が表示される座席です。

これは、電車で立ってる人は誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

「座っている人の降りる駅がどこか知りたい」と。

よし!この人はすぐに降りそうだ!と思って前に立っていると、結局その人も自分と同じ駅で降りる人だったなんてよくありませんか?
座っている人の降りる駅が分かれば立っている人があともうちょっと頑張る励みになりそうなんですけど、これはどーみても実現不可能ですよね。
美人やイケメンの降りる駅チェックとかに使われてしまいそうですし。悪用する人はたくさんいるでしょう。。。

④座席の間の収納式仕切り
座席ひとつひとつを頭の方まで仕切り壁で仕切ります。
もちろんこれは収納することもできます。この仕切りがあれば隣の人に寄りかかって爆睡する人、大股広げて座るおじさん、座席を横にねる不届き者、等平和的に防げます。お友達や家族と電車に乗る時は仕切りをしまうこともできるので、邪魔になりません。
仕切りのあるラーメン屋も流行っていることですし、案外良いとおもうんですが、不届き者は仕切りを降ろして横に寝たり、仕切りにガムとかつけそうなので、これもボツですかね。

いかがですか?あったらたしかに面白いかも?便利かも?と思いますけど、これらのアイデアは結局電車を利用する側のマナーが良ければいらないサービスなんですよね。

電車で正体なくすほど酔っぱらったり、寝たり、自分の家かのようにゴミを捨てたり化粧をしたり、座席に座りたいからといって椅子取りゲームのように必死に席をとりにいったり・・・。

普段電車で恥ずかしいことしてませんか?疲れていたり、時間がなかったり、ハメをはずしてとんでもないことにならないように、
社会人としてきちんとマナーをみんなが守れるようになればいいですね。

この記事を書いたユーザー

uchinokoraうちのこら このユーザーの他の記事を見る

3匹の猫と暮らす大の猫好きです。
猫漫画ブログを掲載していますが、学習塾塾長でもありますのでアート、教育、ペット、等々様々なジャンルに対して執筆していきたいです。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 料理
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス