教育費節約に

色々な家庭があって、条件は一緒ではないですが家計を取り巻く環境が厳しくなっています。そうしたわが子のため削りたくない教育費。
ですが、子供の成長とともに家計が圧迫されています。


漠然とお金が教育費で消えていくことを不安に思わず、親、子供の年齢、いつ起きるか家族のライフイベントなどだいたいの予測を書いてみましょう。


学校は、公立、私立化、塾、習い事など、こうしたことを書けば整理されて、先のことが現実味を帯びます。


先ずみんなが行くからといった理由ではなく、自分の家庭教育プランにあった進路、必要な塾を相談。

そしていかなければならないかと智田根本の見直しも必要で、塾に行くとなんとかなるという幻想を捨ててください。

小学生であれば親でも勉強を見てあげられて、家で見ると、子供の短所、知らなかった学力が見えてきます。家庭で力をつけて熟でも遅くはなく、中学受験塾教材も買える時代。

いくら計画立てても、子供の興味、将来の希望は変わり、そうしたとき夢をあきらめなくていい方法があることを覚えておいてください。

歯ブラシをシャキッとさせる

歯ブラシは定期的交換が衛生的ですが、余りに早く毛先が広がってしまう方は憂鬱に。


毛先が少しでも広がっていると正しい歯磨きできず、毛先を戻す方法とは?

厳密には、すぐ毛先が広がって師編む方は磨き方の力が強すぎて、正しい磨き方と言えないようで、歯ブラシの枝の下のほうを持ってみれば力も抜けます。

シャキッとさせる毛先にするために

沸騰してない湯でいいですが、65度以上の湯で。

歯ブラシの毛先に数秒かけてみましょう。

熱湯をかけたら毛先が柔らかくなっていて、それを指で伸ばして水で冷やしてください。こすればしゃきっとしてきます。

お金がないときの節約レシピ

給料日前弁当メニューは考えてしまいますが、お金、手間を無駄にしたくない、おいしいおかずにしてみたいといった方にいいレシピ。

材料は2~3人分

もやし 1/2袋
塩昆布 1つまみ
しょうゆ おおさじ1
ごま油 小さじ1

もやしを沸騰させた鍋にくぐらせさっと湯通し。

水を切ったもやし、塩昆布、塩、しょうゆ、ごま油と混ぜ味を調整。

私はまとめてつくって2~3日分弁当に入れてみたり、酒のつまみにしています。

調理時間も5分とかからずお得。

甘い物を辞めるには

余り物食べたいと思っていて、ストレスがあるときにデザートをたくさん食べたりする方もいることでしょう。そして無理に我慢もよくないですが、やはり当分劣り過ぎは糖尿病などが起きてしまって、でも体に悪くてもやめられない時があります。

糖分を摂り過ぎれば、肥満、糖尿病以外に、老化を早める、冷え性悪化、吹き出物、うつ病までも…。

糖分をたくさん取ると、体内血糖値が急に上がって、それを抑えるインスリンが大量分泌後、低血糖状態に。

こうなれば脳が飢餓状態と勘違いして、もっと糖質を食べろと指示して、たくさん取ってしまうといったスパイラルに。

そして疲れているとき、ストレスがあるとき甘いものを食べたくなるのは砂糖を摂取すると沢山ドーパミン分泌されるからで、一回これを覚えれば無意識で糖分を追い求めてしまいます。

2008年アメリカの神経性新薬理学会議の発表によれば、砂糖大量摂取は薬物と同じような作用を脳に与えてしまうようで、禁断症状などを引き起こしてしまいます。

こう聞けば気軽に食べられませんが、やはり欲望は抑えられません。甘いものは食べるほどやめられなくなって毎日摂取していることをやめてください。すこしづつ間隔をあけているとそのうち食べなくても平気になります。

どうしても糖分がほしければフルーツで。物足りないと思うかもしれないですが我慢を。

フルーツでは無理と思ったら、あんこを使った和菓子で。アンコは食物繊維、代謝を助けるビタミンBが豊富でケーキなど洋菓子よりもマシ。


この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス