条件は同じ

昨日の日本代表vsカンボジア代表の試合は2-0の辛勝でした。

その試合中、解説のお二人や実況の方がしきりに「今日は人口芝だから」「ボールが普段とは違うから」というのを話しておられた。

昨日の試合はカンボジアのホームで人口芝で開催された。
それもかなり多くの黒チップがまかれたコートであった。

ボールはベトナムのメーカーでベトナム製のボールであった。

日本代表のパフォーマンスの悪さ、低さはご覧になられた方はお分かりだと思いますが散々でした。
パスミス、トラップミスも頻発。
相手にロングパス一本で決定的な場面を作られる事も一度や二度では無かったです。

それを全て「人口芝」と「ボール」のせいにしては成長は無いと思います。

確かに普段の綺麗な整備された天然芝と比べてボールの跳ね方や転がり方が違ったのかも知れません。
普段Jリーグや日本国内の試合で使用しているボールと比べると革が厚く、重量も少し重く感覚的にやりにくかったのかも知れません。

しかし、彼らはプロ中のプロ。
それも日本を代表してW杯という世界最大のスポーツイベント出場を狙う精鋭であるはずです。

事前に同じコート、同じボールで練習する機会も与えられています。
そこである程度慣れてアジャストする位の技量が欲しいと思います。

日本はW杯ベスト4を狙うと公言しています。
ベスト4の常連であるブラジルやスペイン、ドイツなどが同じコートで同じボールで試合をしたとしてあれ程ミスをするでしょうか?
ちょっと想像がつきません。

カンボジアも同じ条件で試合をしています。
それでもカンボジアの選手はひたむきにゴールを目指していました。画面を通して伝わってくるものがありました。

解説者も日本を代表しているという自覚が必要では

選手の口からコートが人口芝だったからとかボールが普段と違うからといった意見が直接聞こえた訳ではありませんが、そういう言い訳の様な事を言える土壌を作っては成長は無いでしょう。

解説の方も昨日はお二人共元日本代表選手。
そして、日本全国にその放送が流れています。
解説の方にも日本を代表しているという自覚をもってもらいたいと思うのはおかしいでしょうか?
少なくとも、コートが悪いからミスが出たという様な解説は聞きたくありません。
プロなんだから、どんなコートでもどんなボールでもしっかりプレーしろと叱咤激励する位であって欲しいと強く思います。

綺麗に整備された天然芝と普段から使い慣れたメーカーのボールで無ければ良いプレーが出来ないというのであれば、W杯ベスト4という目標は今すぐ下方修正する必要があると思います。

この記事を書いたユーザー

宮本文仁 このユーザーの他の記事を見る

フットサル、サッカーを中心にスポーツ全般好きです。
腕時計収集、ウエイクボード、スポーツ観戦、ファッション、釣り、アウトドアと多趣味男です。
海をこよなく愛している夏男でもあります。
スポーツは阪神タイガース、ガンバ大阪の熱狂的ファンです。

権利侵害申告はこちら