筆者の経営する店舗の喫煙に関するスタンス

Licensed by gettyimages ®

随分前ですが、ニュースで、神奈川県の公共の場、パチンコ店や飲食店で禁煙になる条例が出来たとかいう話を聞きました。

その後どう条例が運用されているかは知りませんが、それはそうと、公共の場の禁煙は増えましたし、一般的に嫌煙の人が一日を通して副流煙の影響を受けないで済む世の中になったのではないでしょうか?

いわゆる分煙化が出来てきたのかなと感じています。

今回の投稿では、筆者の営む店舗は、分煙という意味では「嫌煙以外」を対象にしていく方針というお話です。嫌煙の方は、そもそも筆者の商売のターゲットではありませんというスタンスに決めることで、愛煙家と、タバコの煙が気にならない方とで筆者の店舗はタバコ問題でもめる事の無い仕組みを作ろうと思っています。

そのスタンスの話しになります。嫌煙以外の方は是非最後まで宜しくどうぞお付き合いください。

嫌煙家とは、議論せず共存しない

Licensed by gettyimages ®

先ず最初に、筆者は愛煙家です。その点お許しください。

そして、嫌煙家の方とはこの話題で話し合う気はありません。その代わり、筆者は嫌煙家の人に迷惑の掛からない様に一般の場所では気をつけます。というか、人ごみに行きませんし(そういうところでは吸いませんよ)、家・車・店で吸っています。

で、店です。筆者は嫌煙の方の為に、禁煙の店をもっと増やせば良いと思っています。それは、そこのオーナーの意思で。県知事が条例の素案とかそういう話しではなく、我々が自ら考えて選択させてもらえると嬉しいです。筆者は禁煙の店なら行きませんし、嫌煙の方と会うことも無くて済みますから。

【喫煙可】の市場価値

Licensed by gettyimages ®

嫌煙の方とは、筆者自身は関わる気が無いので、筆者の店は喫煙者と、それを許してくださる方をターゲットに絞ります。

それが人口の三分の一だろうが、それ以上だろうが構いません。筆者はサービスとして「喫煙可」を前面に出したいと思っています。

これだけ安心して堂々と喫煙できる場所がなくなると、むしろ「喫煙可」はサービスとして有効かと思うようになりました。

それと飲食店経営の話しとしては、喫煙者の方が呑む(つまり客単価が高い)と言われています。

煙草の害よりも、酒の方が瞬時に被害を出す

Licensed by gettyimages ®

酒場を経営している筆者が言うのもなんですが、筆者はタバコより酒の方が世の中の迷惑だと思います。

酒が元で起こるあらゆるトラブルは、タバコの比ではないと思います。勿論周囲への健康被害という点ではタバコのほうが良くない事は分かりますが、タバコを吸ったことによってセクハラをしたくなったり、喧嘩をしたくなったり、大声になったりする方はあまり見かけません。

健康被害も煙草以上の「人」がいるはず

Licensed by gettyimages ®

そして人が人に与える健康被害というと、筆者は退職者や精神病者を多発させる性格の悪いハラスメント上司だったり、クレーマーだったり、そういった人々の人格の問題の方が、副流煙より悪な気がします。

いかがでしたか?

Licensed by gettyimages ®

ここに書いたことは全て、筆者個人と経営する店のスタンスです。

色々なお考えの方がいて結構ですが、「筆者はそう思う」と表現させて頂きます。その考えに支持を頂ける方と、なるべくお付き合いをしていこうと思っていますし、そうでない方には迷惑を掛けないように、それぞれの世界でやっていきたいと思っています。

共存共栄という言葉がありますが、タバコ問題は「別存別栄」で、やっていけたらいいなと考えています。

最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら