1989年4月21日に任天堂から発売された携帯型ゲーム機「ゲームボーイ(GAMEBOY)」は、遊んだことがある人も多いのではないでしょうか。

今も様々なグッズになるなど、そのデザインは皆から愛されていますが、「もしそのゲームボーイが今風になったら?」というテーマで、設計機関や出版社から依頼を受けて活動しているドイツのフリーランスのグラフィックデザイナー、Florian Renner(フロリアン・レナー)氏がコンセプトデザインを発表しました。

レトロで可愛い“GAME BOY 1up”

出典 https://www.behance.net

縦持ちのゲームボーイを横持ちに置き換えた、ありそうでなかった発想のデザイン。

出典 https://www.behance.net

ゲームボーイのカラーリングや基本の形状はそのままにして、ボタンの数を増やしたり、それぞれの配置を今風のゲーム機のようにしたり、本体やカートリッジを薄型にしたりするなど、ディティールの部分に今風のアレンジを加えていますね。

可能な限り残せる部分は原型で残してあるので、全くの新機種というわけではなく、あくまで「ゲームボーイ」を継承している感じが、昔使ったことある人にとっては懐かしくて嬉しいですね。

もちろんコンセプトデザインなので実際に発売されるわけではありませんが、レトロゲームファンの心を掴んで離さないデザインは、もし発売されれば人気が出ること間違いなしですね。

この記事を書いたユーザー

wagibank このユーザーの他の記事を見る

広告代理店に勤務している傍らフリーのライターとして活動中。職業柄、最新の話題に常に触れているため、皆さんに楽しんでもらえるような記事を作っていければなと思ってたりします。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス