かわいくて実用性ありの手帳を簡単に作れます

市販の手帳はなかなか思うようなものがない。
あっても、使い勝手が悪い。
ダイソーの商品を使って簡単に自作できます。

基本の材料は3つ

出典まるた撮影

ダイソーで売っているA6サイズのノート、文庫本用のブックカバー、手帳を
用意します。
手帳は大きさは文庫本サイズで薄いタイプを選びます。
ちなみに私が選んだディズニープリンセスの手帳には透明のカバーが
ついていますが、はずしておきます。
(なお、このカバーはお薬手帳と同じサイズのことが多いので捨てないで
再利用してください)

手帳とA6ノートをくっつけます

出典まるた撮影

手帳の裏表紙とA6ノートの表紙を上下2ヶ所を画像のようにステープラでとめます。
(2ヶ所で心配な方は4ヶ所とめてください)
なお、のりやテープを使用しないでください。あとではずせなくなるからです。
(理由は後で)

1冊約249.333円で出来上がり

出典まるた撮影

文庫本のカバーをつければ完成です。
A6ノートは1袋に3冊入っているので、手帳1冊が約249.33円です。

ちなみにカバーを黒の皮っぽいものをチョイスすることで
大人の女性が外でも使えるようにするためです。

手帳とA6ノートをステープラでつける理由はA6ノートを使い切った場合、外して、新しいノートにつけかえてもいいし、さらに後ろにつけてそのまま使い続けこともできるからです。(文庫本カバーは厚さがかわってもそのまま使えます)

余談ですが、ダイソーにルーズリーフタイプの手帳も売っていますが、金具の分だけ厚いので、少しでも薄いほうがいい場合は、自作をおすすめします。

あと、最初から、A6ノートを2冊手帳につなげて、1冊目のほうは残すことを記録し、2冊目のほうは買い物メモなどの走り書きにして、使い終わったときに2冊目のほうははずして処分すれば、手帳とメモ帳の2冊を持ち歩かなくてすみます。

このごろは手帳をもらう機会が少なくなって既製品を購入するようになりました。ちょとした工夫で、オリジナルの手帳を作ってみてください。


この記事を書いたユーザー

まるた このユーザーの他の記事を見る

ペットボトルのドリンクが好きです。B級スポットに訪れるのも始めてみました。

得意ジャンル
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム

権利侵害申告はこちら