実は筆者だって、自信満々な日々ではありません!

出典筆者家族撮影(母校にて)

筆者の記事やSNS、起業志向の方に読んでもらいたいと、起業を既にしている筆者が自信たっぷりに書いているかのように、読者の皆さんはお思いかもしれません。

確かに、自信を持つように心掛けないと、起業という人生の中で非常に大きな決断は難しいかもしれません。

そして、筆者は起業を既にしましたので、せめてこれから起業される方々にあまり不安がられない、起業は怖くないということを少しでも御伝えできればと…そう思っているのです。

出典経営コンサルタント内海透氏撮影

筆者も少し粋がって、「兎に角勇気を出せ!」とか、「その一歩を出せ!」と、葉っぱを掛けますが、実際の人間としては、筆者なんか起業のネタさえ書かなければ、小さいのなんのって…

本当、起業したっていうことが、筆者の支えだったりもするのです。結構本当です。

ただ、筆者は言いたいことの一つに、こういうものがあります。

出典筆者家族撮影

「俺、どうせサラリーマンだから…」とか、「いつか起業して見返したい…」とか、そう言わないで欲しいのです。

サラリーマンは、起業家より下の存在ではありません。それと、起業することは社会の一つのラインから脱線することでもあります。

起業することによって誰かを見返すなど考えても仕方がありません。自分らしく生きる為に、筆者には起業という道しか浮かばなかった。そう思っているに過ぎません。

だから似たようなことを考えている人にはアドヴァイスが出来ると思って、このような活動をしています。

自信なんかないですよ…

正直筆者も、この仕事が上手くいかないことだってあるし、安定した所得も無いですし、毎日不安ですよ。でも、なんだかんだ生きてるじゃないですか…好きなもの食べて。

自信なんか無いんですよ。本心は。記事やSNSで書いていることとの整合性に欠く発言かもしれませんが…

でも、ちゃんと生きてますし…

筆者が、世の中で可也高いレヴェルの実力があるならば、恐らく有名な大学に行っただろうし、一度は上場企業で管理職になっているだろうし、起業したってもっと大きな年商を上げて法人化しているだろうし、悲願の本の出版なんて一生懸命売り込まなくたって、とっくに誰かに導かれているだろうし、講演依頼だって殺到しているだろうし…ね?

でも、筆者、生きてるでしょう?大丈夫でしょう?ということです。

大丈夫みたいです!

出典筆者家族撮影

だから、きっと多くの一流とは言えない人々だって、筆者と同じだと思うのです。

組織の中で闘っている人はその世界で、起業志向の人は、それに向かって、大成功はしなくても、せめて失敗の少ないメソッドはあるし、きっと皆、大丈夫なんですって。

よく人に「自信を持てよ!」とか、「マスターは大丈夫だよ!」とか言ってもらえます。お世辞かもしれませんが、少しはそうなんでしょう。

だから筆者も、読者の皆さんに!

出典筆者家族撮影

「自信を持って良いよ!」とか、「貴方なら大丈夫!」と、なるべく多くの機会で言いたいのです。これって変ですかね。

殆どの人は一流でも、ダメでもないでしょ?実際。

筆者もその中で、そんなに自信に満ち溢れているわけではありませんが、闘うんです。大丈夫!

皆、大丈夫!なんだかんだ大丈夫!

さぁ、今日も仕事をしに行ってきます!!

筆者、たまにこういうポジティブなモードになります。最後までお読み頂き有り難う御座います。

この記事を書いたユーザー

奥村裕二 このユーザーの他の記事を見る

東京都大田区大森生まれ。立正大学附属立正高等学校、尚美学園短期大学音楽ビジネス学科、放送大学教養学部生活福祉専攻卒業。STAY UP LATEオーナー。 ライター業と、セミナー講師、司会業も実質少々。江戸川区在住、一児の父。愛猫家。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • キャリア
  • おもしろ
  • 音楽
  • 社会問題
  • 育児
  • コラム

権利侵害申告はこちら