重曹で掃除をしていたけれど…

ガスレンジや換気扇回り、フローリングなどの掃除に重傷を使っていませんか?実は今、重曹よりも注目を集めている「セスキ炭酸ソーダ」が大人気となっています。その理由に、注目!

重曹よりも使いやすい「セスキ炭酸ソーダ」とは?

重曹よりもっと使いやすく、使い道も多いアルカリ剤があります。それがセスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ)。家庭用洗剤や入浴剤の成分としてよく配合され、布ナプキンの浸けおきにイチオシの洗浄剤としても知られています。

出典 http://www.live-science.com

重曹よりも使いやすい点が日々使用するのに便利です!水に溶けやすいので、使いたいときにパパッと使えるのが本当にお手軽です!

どうやって使うの?

水にセスキ炭酸ソーダをよく溶かし、その水に雑巾などを浸して汚れた箇所を拭き掃除します。この液をスプレー容器に入れても使いやすいでしょう。

出典 http://www.live-science.com

粉末タイプの場合は水に溶かして使用しますが、液体タイプの場合は汚れを取りたい場所に直接スプレーしてふき取ることができます。難しい使い方ではないので、お手軽に使用できちゃうスグレモノです♡

スプレータイプから粉末タイプまで種類豊富!

粉を溶かしたりするのが面倒だと感じる方には、こちらのスプレータイプがオススメです♡激落ちくんシリーズのセスキ炭酸ソーダ水ですが、とてもよく落ちました♡

粉タイプのセスキ炭酸ソーダです。こちらのほうが、スプレータイプより非常にお買い得です。霧吹きを別途購入し、その中で溶かして使用していくと約100本分にもなるのだとか。色々なものにジャンジャン使えるので、粉タイプのほうがオススメです♡

どんな汚れが取れるの?

「油脂をある程度乳化することができる」「タンパク質をある程度分解することができる」。これが洗浄剤としてのアルカリ剤が得意

出典 http://www.live-science.com

セスキ炭酸ソーダにも、苦手な汚れもあるので「力が発揮できる汚れ」に使用しましょう。ただ、使用用途によっては洗浄能力が強すぎて物を傷めてしまうこともあるようなので、使用しても問題がないかを隅の方で確認した方がいい場合もあるそうです。

あまり高級な家具や素材には使用しないほうがいいかも?

油汚れがひどいものには「つけ置き」でOK!

Yシャツの襟など、頑固な汚れのある洗濯物でもつけ置きをしておけばOKなのだそうです。布ナプキンの洗剤としても重宝されているようで、つけ置きにはもってこいの洗剤ですが、泥汚れなどは落ちないので「落ちる汚れ」がどういったものなのかをチェックして、つけ置き洗いをしましょう!

ペットの布団やペットが使用するブランケットなどがある場合は、とても効力を発揮するのでつけ置き洗剤としてオススメです♡

水によく溶かしてブラーバの水拭きに使うと床がピカピカ!

フローリングが多い住宅がほとんどだと思いますが、拭き掃除を毎日のようにするというのは大変ですよね。そこで、我が家ではこのブラーバを導入しています。ペットもいるため、いつの間にか見えない汚れがたまり、拭き掃除をすると絶句するような汚れが多かったのですが、毎日のように水拭きをしていると床がピカピカに♡とても、過ごしやすい環境となりました。

ただ、水道水で拭いてもあまり効果が得られなくなる「ある一定」の部分があり、かといって洗剤を入れて使用しては壊れてしまうと感じました。そこで、セスキ炭酸ソーダ水を使用して拭き掃除をしてみたところ、ピッカピカに!通常よりも本当にキレイになりました♡

フローリング汚れが気になる方には、本当にオススメです♡

この記事を書いたユーザー

ぽんたす このユーザーの他の記事を見る

山の麓に移住しスローライフを楽しみながら記事を書くWebライターです。
お役立ち情報など、色々な話題を発信中!

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 社会問題
  • 動物
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス