私たちは皆、  キリストの裁きの座の前に立たなければなりません。     Ⅱコリント5:10(11/15の週の聖句)
あなたの目は 人のすべてをご覧になられます。エレミヤ書32:19
我らは神の中に生き、動き、存在する。使徒17:28      (ローズンゲン日々の聖句11/16;月)  憐れみを受け取り、イエスの義をいただくか、自分の生き様の結果の責任を自分で取るかを決めないといけないようですね。私たち。すべてを、私たち一人一人の心の動きまでも全部見ておられる方の御前で生きているのだそうですから。 「まことに、天の神、主は大きな力と、伸ばした腕とをもって天と地をつくられた方。この方には何一つできないことはありません。この方は、恵みを千代にまで施し、 先祖の咎をその後の子らのふところに報いられる方、 偉大な力強い神、その名は万軍の主。おもんばかりは大きく、みわざは力があり、 御目は人の子のすべての道に開いており、 人それぞれの生き方にしたがい、 行いの結ぶ実にしたがって、すべての報いをされる方」(エレミヤ32:17~19)なのだそうですから。  天の神、主と、心を一つにし、思いを一つにし、行動を一つにし、存在を一つにする者にと願われて造られていながら(創世記1:26)、「神のひとりのようになり、善悪を知るように」なっている(創世記3:22)私たち。  その、「生まれた時からの霊」という私から出て来る思いは、ただただ、天の神、主に対立し、栄光を盗ろうとする者、 「その心の思い計ることは、初めから悪である」(創世記8:21)ことを認め、イエスが十字架刑で処刑されることで成し遂げてくださった、「生まれたときからの霊」という私は処刑され、死んだものとの手続きが完了していることをいただき、イエスが派遣してくださる「聖である霊」と呼ばれる方をお迎えするなら、この方が、「天の父」と呼ばれる方の、私たち一人一人に持っていてくださる御思いを私たち一人一人の心に書き付けてくださるので、この方と一つ思いになって歩ませていただけるのだそうですね。栄光の道を。 今日も。

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]



<ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>



[269RANKのランキングサイト]



"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら