京都市に「うさぎ神社」と呼ばれる、うさぎまみれの神社があるのをご存知でしょうか?
狛犬ならぬ狛兎(こまうさぎ)が鎮座し、さらに「招き兎」や「うさぎおみくじ」など、とにかくあらゆるものがうさぎまみれになっている岡崎神社。今回はそんな「うさぎ神社」をご紹介します。

狛犬ならぬ狛兎(こまうさぎ)がお出迎え

通常神社と言えば狛犬ですが、うさぎ神社は狛兎!

本殿前にある可愛い阿形吽形のうさぎで、右が雄、左が雌。頭をなでることで縁結び・夫婦和合の祈願となります。

出典 http://www.okazakijinja.jp

通常は向かって右側の像が「阿形(あぎょう)」で口を開いており、左側の像が「吽形(うんぎょう)」で口を閉じているわけですが、それと同じになっています。

出典 http://gigazine.net

出典 http://tabelog.com

後姿もかわいすぎます

手水舎には有名な子授け黒うさぎ

境内の手水舎には黒御影石でできた子授けうさぎ像があります。
月を仰ぎ体に力を満たしたうさぎであり、水を掛けてお腹を擦り祈願すると、子宝に恵まれ安産になるそうです。

おみくじもうさぎ

あっちもこっちも、うさぎまみれ

境内にはあちこちにうさぎの置物があり、吊るされた提灯もうさぎ、絵馬もうさぎ・・・
うさぎ好きにはたまらない神社となっています。

なんでこんなにうさぎまみれなの?

往時境内を始め地域一帯が野うさぎの生息地で、多産なうさぎは古くから氏神様の神使いとされ、安産・子授けの神として信仰されているそうです。

うさぎまみれの岡崎神社、京都に行ったら是非行ってみたいですね!

この記事を書いたユーザー

パン子 このユーザーの他の記事を見る

田舎住みの主婦です

得意ジャンル
  • マネー
  • 国内旅行
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス