寒い季節になると流行ってくる風邪やインフルエンザ。
かかるまえに手洗い、うがいで予防したいですよね。

ところがよかれと思ってしているうがいの方法が、場合によっては全く意味がないこともあるんです。


うがいの効果とは

うがいは、口腔やのどを洗浄して、細菌やちり・ホコリなどを粘液といっしょに除きます。
また、のどを適度に刺激して粘液の分泌や血行を盛んにしたり、のどの潤いを保って、線毛運動の衰えを防ぐという効果が考えられます。

出典 http://pro.saraya.com

粘液や線毛運動も、細菌の排出を助けます。
うがいをすることで、直接細菌を除いたり、間接的に除くことになったりしているようですね。


うがい薬は効果倍増?

手洗いは水だけで洗うよりも、石鹸を使って洗ったほうが効果があります。
同様に、うがいもうがい薬を使った方が効果が高いのでしょうか?


予防でうがい薬を使うと

2002~2003年の冬場に、全国で18~65歳の合計約380名のボランティアを、「水でうがい」、「ヨウ素系うがい薬でうがい」、「何もしない」の3群に分けた2カ月間の追跡調査が行われました。うがいは15秒を2度行い、1日3回以上実施されました。
その結果、「水うがい群」は対照の「何もしない群」に比べてかぜの発症が40%減り、うがいのかぜ予防効果が実証されました。
ただ、「ヨウ素系うがい薬群」では、対照群と差がなく、はっきりした予防効果がみられませんでした。この原因として、正常細菌のバランスが、薬によって壊されたためではないかと推測されています。

出典 http://pro.saraya.com

驚くべきことに、あくまで予防としてうがいする場合はうがい薬を使うより、ただの水だけのほうが効果があるようです。

ただし、うがい薬が逆効果になるというのは間違いです。
調査の結果からわかるように、一番効果があるのが「水うがい」であって、「何もしない」と「うがい薬でうがい」は差がなかったので、うがい薬の効果はなかったけれど逆効果ではありません。
うがい薬は逆効果と言っているサイトがたくさんありますが注意しましょう。


風邪をひいてしまったら

「イソジン」などのヨード液は、「インフルエンザ」をはじめとする厄介な感染症の原因となるウイルスを不活化させる効果があります。

※『イソジンガーグル液』で不活化できるウイルスの例 
インフルエンザウィルス・・・14倍希釈(0.5%)で30秒
アデノウィルス・・・14倍希釈(0.5%)で30秒
ロタウイルス・・・14倍希釈(0.5%)で30秒
ポリオウイルス・・・14倍希釈(0.5%)で30秒
単純ヘルペスウイルス・・・70倍希釈(0.1%)で30秒
SARSウイルス・・・15倍希釈(0.47%)で60秒
鳥インフルエンザウイルス・・・30倍希釈(0.23%)で10秒

 こうしたウイルスが喉に付着していると、そこから感染が成立し、感染症を起こす恐れがあります。特定の厄介なウイルスを退治するためには、「うがい薬」が効果的です。

出典 http://blog.livedoor.jp

特定のウィルス感染が流行している場合や、喉がすでに痛いとき(粘膜に炎症が起こっている場合はそこから菌が繁殖しやすい)はうがい薬は有効のようです。


正しいうがいの方法は

・1度目のうがい
食べかすや口の中の有機物を取るため口に含み比較的強くうがいする。
・2度目のうがい
上を向いて、のどの奥までうがい液が届くように15秒程度うがいする。
・3度目のうがい
2度目と同様、うがい液が口の中からのどに十分に届くように15秒程度うがいする。

出典 http://www.meiji.co.jp

しっかり上を向くことがポイントのようです。
1度目からガラガラとのどの奥でうがいしてしまうと、口の中の細菌を奥に流してしまうこともあるので注意しましょう。


おわりに

簡単なうがいで風邪が防げるなら嬉しいことですね。
正しいうがいの方法で冬を乗りきりましょう。
もちろん手洗いも忘れずに。


この記事を書いたユーザー

ぽんた このユーザーの他の記事を見る

2歳の息子の育児に奮闘中です!

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら