受験の度にニュースになる韓国ですが…。

受験の度に警察が遅刻しそうな受験生を送り届けたり、両親が大声援を送るなど、国家を挙げて日本でいうセンター試験を応援している韓国ですが…。そんな韓国でなんとあの可愛い動物のエキスが受験生に大人気なのだそうです。

韓国では景気低迷で企業が採用人数を絞っていて、受験生は就職に有利な一流大学を目指し一層過熱しているという。そんな中で、「藁をもつかむ受験生に、ある漢方薬が人気となっています」と上重聡キャスターが伝えたのは、アザラシのエキスだ。アザラシの肉などから抽出し、集中力と記憶力を高める効果があると謳っている。お店のホームページには「名門大学に行くならアザラシを食べろ」とコピーが載っている。1か月分で約5万3000円と結構高いが、予約待ちになるほどの人気だという。
韓国の当局が調査したところ効果は確認されなかったといい、韓国メディアは「受験生と親の不安感につけこんだビジネス」と批判している。

出典 http://www.j-cast.com

このJ-CASTの記事によると1ヶ月分で5万円を超えるアザラシエキスが予約待ちになるほどの大人気なのだそうです。

国際社会では問題になるアザラシ漁

国際社会ではアザラシ漁は棒で叩いて漁をする姿が残忍だと批判を受けており、日本のクジラ漁やイルカ漁などと同じように批判されている漁でもあります。

食文化などもあり、イヌイットの伝統的な食事でもあり、日本のイルカやクジラと一緒で慎重な対応が必要な物ではありますが、韓国のアザラシエキスは別問題であり、海外で問題になっているようです。

効能は懐疑的…。

色々調べてみましたが、アザラシのエキスに疲労回復効果がある可能性はあるものの、記憶力や集中力が上がるかどうかはわかっていないのが現状のようです。

韓国でも注意を呼びかけているようですし…。

日本での反応

効果があるかわからないものに5万円というもの凄いですが…。
別の考え方をすると確かに動物の命を無駄にしているような気もしますね…。
命を有りがたく食べさせてもらう。それが本来の考え方ではないでしょうか…。

文化の違いもあるかもしれませんが…。
日本だと可愛い物ってイメージですよね。

ただ、それは日本がクジラを食べ、シー・シェパードが批判しているのと似た構造なわけで食べることよりも、受験勉強のために犠牲にしている事に目を向けるべきかもしれません。

きもいは言いすぎですが、8時間祈ったり、効果不明のアザラシのエキスに5万円というのは狂気の沙汰なのは確かかもしれません。

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら