全体のスケジュールを考えていない

全体のスケジュールを考えていなければ、行き当たりばったりになります。

今では大まかに決めることにしました。

出典 http://best-shufu.com

分単位の精密なスケジュールを作る必要はありません。

作成に時間がかかるし、作ったところで、精密なスケジュールどおりにタスクをこなすことはできません。全体のスケジュールは、短時間でおおまかに作ります。

逆に無駄な時間がかかってしまい、時間をかけてタイムスケジュールを作ったというのに自分に甘いので結局うまくいったためしがありません。

出典 http://best-shufu.com

おおまかでも、スケジュールを作っておけば、「おしり」の時間が大体わかります。心理的な「締め切り効果」を使うことができますので、集中力が増し、仕事がはかどることになります。

すぐに始められない

すぐにやるべきことを始められないと、仕上がりも遅くなります。

仕事に取り掛かること自体が遅かったようです。

出典 http://www.r-agent.com

やるべきことを「テキパキこなせる」という人は、取り掛かりが早いのです。

仕事が早い人というのは、仕事に取り掛かるのが早いから、仕事が終わるのも早く、だからこそ周りに評価されるのです。

出典 http://xn--o9j0bk9502aznas31jvxivss1vf228dcqg.com

「やりたくない」、「好きではない」という気持ちから、やるべきことを後回しにして、すぐに始められない…ということがあります。気持ちが乗らないという状態です。ここを乗り越えるためには、「とりあえずやってみる」ということが、有効な手段になります。

5分、10分でもいいから、そのタスクをやってみることです。

やるべきことに集中できない

タスクをテキパキこなすには、意識の集中が必要です。

人はタスクをこなすのに意識の集中が必要です

出典 http://toyokeizai.net

タスクに対する集中力を高めるためには、仕事の合間に休憩を入れることも大事です。集中して弛緩する、そしてまた集中するという形になります。

タスクの合間に適度な休憩を入れましょう。

短い休憩や定期的な作業停止は、(節度を保っていれば)気持ちを自由にしてくれ、元気を「充電」してくれるのです。

出典 http://www.lifehacker.jp

集中力を上げるために、キッチンタイマーを使うことも有効だと思います。

タイマーでカウントダウンすれば、「その時間内に仕上げなければいけない」と考え、集中力が増すことになります。

段取りが悪い

「段取りが悪い人」というのは、自分のやり方に固執します。

自分の計画をやり通そうとします。

出典 http://www.mwed.jp

自分のやり方にこだわるあまり、人のアドバイスなどには、耳を貸しません。素直さに欠けると言ってもいいでしょう。

ケーキを用意するのに30分以上。たかだかさらにケーキ乗せて紅茶いれるだけなのに何でそんなに時間かかるのかみたら、カーテンのつけかえやってたという。

出典 http://www.e-mansion.co.jp

また、やるべきことの優先順位をつけることができません。

「どうして今これをやるのか…」と思うようなことを、平気でやってしまいます。少なくとも、(自分の中で)緊急度が高く重要度も高いことから始めるというルールを作っておいてください。

前倒しをするという意識がない

前倒しをするという意識がないと、タスクを早く終わらせることができません。

この面倒なことを前倒しでやるか、後ろ倒しでやるかでスピードが変わってしまいます。

出典 http://www.r-agent.com

たとえば、「午前中で仕事を終わらせる」ぐらいの勢いでやる、ということです。

午前中にスピードを出して仕事を終わらせることです。

出典 https://happylifestyle.com

実際には午前中で仕事を終わらせることはできませんが、それぐらいの前倒しの意識があれば、午後3~4時ぐらいまでに仕事を終わらせることは可能です。同じ内容でも、だらだらやっていると、6~7時になってしまいますね。

まとめ

あなたが家事や仕事をテキパキこなせない理由を書きました。

1)全体のスケジュールを考えていない
2)すぐに始められない
3)やるべきことに集中できない
4)段取りが悪い
5)前倒しをするという意識がない

以上の5つです。

まずは、全体のスケジュールをおおまかに考えましょう。やるべきことをリストアップして、それらに優先順位をつけます。そして、どの時間帯にどれぐらい時間をかけてやるか…ということをイメージします。

それが決まったら、すぐに取り掛かることです。午前中に今日のタスクの8割を終了する、という「前倒し」の気持ちを持って取り掛かるといいでしょう。

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス