わたしはすべての国、  すべての言葉の民を集めるために臨む。 彼らは来て、わたしの栄光を見る。イザヤ書66:18
人の子は、 栄光に輝いて天使たちを皆従えて来るとき、   その栄光の座に着く。そして、  すべての国の民がその前に集められる。マタイ25:31~32
      (ローズンゲン日々の聖句11/13;金)  最初の時、あの方は、低く低く、貧しい姿で、 私たちの罪を御自身の身に負われるために来られたのですね。  まさしく、 「彼には、私たちが見とれるような姿もなく、 輝きもなく、 私たちが慕うような見ばえもない。 彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、 悲しみの人で病を知っていた。 人が顔をそむけるほどさげすまれ、 私たちも彼を尊ばなかった。まことに、彼は私たちの病を負い、 私たちの痛みをになった。だが、私たちは思った。 彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。しかし、彼は、 私たちのそむきの罪のために刺し通され、 私たちの咎のために砕かれた。 彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、 彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。 私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼に負わせた彼は痛めつけられた。 彼は苦しんだが、口を開かない。ほふり場に引かれていく羊のように、 毛を刈る者の前で黙っている雌羊のように、 彼は口を開かない。しいたげと、さばきによって、彼は取り去られた。 彼の時代の者で、だれが思ったことだろう。 彼がわたしの民のそむきの罪のために打たれ、 生ける者の地から絶たれてことを。 彼の墓は悪者どもとともに設けられ、 彼は富む者のともに葬られた。 彼は暴虐を行わず、その口に欺きはなかったが。(イザヤ53:2~9新改訳)との、イザヤの預言のとおりだったのだそうです。しかし、今度、来られるときは、 神の独り子の栄光に包まれ、 天使の万軍を従えて来られるのだそうです。 「父である神」と呼ばれる方の右の座にあって、すべての民を御前に集め、 御自身のいのちを差し出して完了した救いを無視し、 「自分の責任は自分で取る」生き方にとどまった者を、 正しく、公平に、その生きて来たとおりに、その行いのとおりに裁かれるのだそうです。 心の奥底までも明らかにされて。 御座に着いておられる方は、ほふられたと見える小羊、 私たちの罪の罰のすべてを背負って、十字架刑で処刑された方、なのだそうですから。この方の贖(あがな)い、救いをいただき、この方が派遣してくださる「聖である霊」と呼ばれる方をお迎えし、その導きをいただきながら進みたいですね。 今日も。[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ] <ahref="http://www.blogmura.com/point/00697809.html" ><imgsrc="http://blogparts.blogmura.com/parts_image/user/pv00697809.gif"alt="PVアクセスランキング にほんブログ村"/></a>[269RANKのランキングサイト]"哲学・思想 ブログランキングへ"

この記事を書いたユーザー

佐知男 このユーザーの他の記事を見る

愛媛県久万高原町の産。仏教大学(社会福祉)、JTJ宣教神学校卒。キリスト教プロテスタントの教会員。

権利侵害申告はこちら