人にとって、日頃の人脈が一番、大きな影響を与えているという。
それなら、長生きを願うなら、長生きに相応しい人脈を特に選んで接するようにすればいい。子供のほうは放っておいても育つし、子供はいずれ、また新しい時代の難しい厳しさへと突入して行くことになるのである。
 
独身の人脈ばかりが集まっていても、いつまでも結婚は出来ないという。
思考だけでなく、行動しなければならないのだが、思考と行動が食い違っていては何にもならない。
マンネリ化した行動パターンを変えていくには、人脈を変える思考をすることだが一番の早道という。また、行動を優先してもいい。とにかく、実現させるための人脈の波動を保つためには、思考と行動を一致させることが大事である。

上司に左右される日頃の行動パターン

サラリーマンである限りは、日頃は上司によってその人の行動パターンはほとんど左右されているといってもよい。
またその反面、サラリーマンは個人的な思考パターンのほうは、反動的により発達しているとも考えられる。
 
ところで、こういうサラリーマンでは常識なことに対して、商人などの生まれの人のほとんどはこれに気付いていないということはわかるだろうか?
個人経営の商人などは、お客様の判断だけに左右されているといえど、同じ釜の飯を食べている人生共同ではないから、行動パターンとしてお客に左右されているということはまず無いだろう。

思考パターンと行動パターンの共同性

一般サラリーマンと個人商店主とが、思考パターンと行動パターンとに食い違いがあって片寄っているなら、この両者の共同性が居住的なまちづくりの提案を握っているという要素がでてきそうだ。
ダイレクトな商品、そしてコンバーション(転換)の良い普及力とが合わさることにより生ずる波動がとても重要なのだ。
そして、これを居住環境の過ごし易さとするには、上司を振り切れる行動パターンをサラリーマンは居住地で得れる必要性であり、別々な人脈による共同性から、いずれは個人的な思考パターンと行動パターンとを一致させることを創り出せるのである。

この記事を書いたユーザー

ぶっけん このユーザーの他の記事を見る

私は、まちづくりをもし専業にできたら素敵だと思っています。
世の中には、国造り、会社づくり、モノづくり、人づくり、お金づくり・・・さまざまな「つくり」がありますね。
その中でも、まちづくりとはわざわざ心掛けて作ろうとしなくとも、放っておけば出来上がるかのような最も漠然と掴みどころのないものに思えます。
しかし今あちこちで、何かとまちづくりが大切であると、なぜ呼びかけが始まりだしているのでしょう?
 
私は、まちづくりの動機の動機と言えば、ただのきっかけだけがカギを握っていると思います。
そして、まちづくりとは案外、国造りよりもっと大きな心がけを必要とするのではないかとも思えています。
それは、誰もが最も身近に感じ得る共通の課題意識であることである共に、一体まちづくりをどうすべきであるかは誰にも直接にはその責任や方法を知り難いことだからだと思います。
いわゆる、自分に直接降り掛からなければどうでも良いことこそが一番複雑で難しい問題であると言えるでしょうね。
ですから、その何か偶然のきっかけが必要なのです。
そのきっかけについて、関心がある人たちで話し合い、実行していけることが本業にすることができれば、私はきっと最高の喜びに違いないと思っています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 暮らし

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス