貯蓄で大事な散財しない方法とは?

お金を何気なく使っているのは怖いものですが、やはり代表的な例が衝動買いです。あまり考えなくて浸かってしまうでしょう。

しっかりした心構えができれば、散財しなくて済みます。物を買うとき、自分に必要なものは何なのか、1か月後でもほしいいものかといったことをしっかり考えてみてください。

しっかり日常の細かい出費を確認しましょう。無理せず、少しづつやってみてください。

pcを起動するときにかかってしまう電気代ですが、pcを2時間ぐらい使っていれば、同じぐらいの金額だそう。ですので、こまめに起動するなら、つけたままのほうがいいです。

電子レンジは油ものを使ってしまえば汚れもひどいですが、そのままにしておくと10%の電気量を無駄に。
しかし、レンジは、家電の中でかなり消費しますから、その10%は大きなものです。

設定を少し変えてみるだけでテレビの電気代節約になります。

まず明るさ。これは暗くした方がいいでしょう。多少暗くするぐらいでは見え方も違いはありません。

そして濃度。これはメーカーにも差がありますが、標準になってないなら、標準の濃度で。

みない時はコンセントを抜いてしまうと、年間1500円もの節約となり、さらにテレビ寿命も延びます。

一般的に電球は、白熱灯、蛍光灯があって、電気消費量は蛍光灯のほうが少なく、蛍光灯に変えてみるといいです。

一般家庭で年間約5千円ほど変わってくるデータがあります。

カーペットの下に新聞紙を敷くと、早く温まって、通常より温度が上がって、スイッチを切ってもあたたかさ持続してくれます。

また照明は月一回掃除を。これをやっておかないと、汚れだけで約20%暗くなってしまって、こまめな掃除が大事です。

自動車保険の見直しですが、保険屋さんに勧められるままになってませんか?

内容によりかなり損してしまうので、しっかりと検討を。
場合によっては年4~5万損してしまうことも。

圧力なべを節約利用すれば、ガス代大幅削減となり、お湯を沸かす時も普通に鍋に沸かすより早く沸かすことが可能です。

カレーは3分ですし、普通の鍋は2~3時間かかってしまう煮込み料理も
、これなら30分でできて、サンマの安いときにたくさん買って、圧力なべで煮てしまえば、骨まで柔らかくなっておいしいです。

缶詰よりおいしく、カルシウムもしっかりとれ、サプリを買わないで済み節約効果大。

ガス代、調理時間も節約でき、さらに圧力なべは味も染みやすく、調味料も安く済ませられて、ぜひほしいところ。



断水時のトイレの利用法・雨水の利用法。

節約、エコで家では、ふろの残り湯トイレをつ使ってきましたから、断水のときや停電だって困りません。


タンク式トイレは、蓋のところの横に水道の蛇口があり、これを締め水道の水が入らないようにしておきます。

このとき水道の蛇口がしめてなければ、一気にタンク内が水道水でいっぱいになって、バケツで水を入れる余裕がないです。

蛇口を占める理由をこれで理解できたでしょうか。空になったタンクに風呂の残り湯を入れるのみで、あとは通常通りの使い方。

断水時でも汚物を流すことや、掃除をしたりといった苦労をせず、通常トイレと、風呂場は近くにあり、それほど大変でなく行えると思います。

お年寄り、小さなお子様がいれば、親が使用する前、使用した後で水を入れることにし、タンクの蛇口は占めたままでも困らないです。

節約が求められてますが、雨水を利用してみたいもの。雨水をバケツにためてもいいですが、面倒で、これをためるとき便利な物も売られてますから、容量に合わせ使ってみればいいでしょう。

エコリス雨水タンク


雨水をためれば、水道代節約やとなり、水道の水はろ過し消毒したり人手や薬品が使われており、これを利用せず雨水を使うことはとてもエコ。

大雨が降ったら、多くの家庭で雨水をタンクにためてみれば、雨水が一気に下水道に流れ込むことを防いで、洪水防止にもなります。

また、車の洗車は雨水のほうが傷まないそうです。

草花のためにも雨水のほうが適してます。

電気代半分にする道

電気代明細をしっかり見たことがあるでしょうか?これはアンペア数による基本料金、使った分のものが請求される従量料金(変動費)があり、アンペア数見直しから、夜の過ごし方、家電製品など節約法を紹介。

基本料はアンペア数により設定されており、10Aは260円 15Aは390円 20Aは520円 30Aは520円

30Aから15Aに変更するのみで、努力しなくて1か月130円節約に。これで1年は1560円で、5年なら7800円も節約に。

一人暮らしであれば15Aで十分足りるでしょう。

3年15Aで暮らしてますが、家の多くの電気を同時に使うことがない限りめったにブレーカーが落ちません。

日本人は昼みたいな明るい夜を好みますが、海外だと、間接照明・テレビの明かりやキャンドルの灯りの柔らかい光の中で夜を過ごすみたいです。

それなら日本人も週1回はキャンドルナイトを楽しんで節約に励みたいところ。

冷蔵庫は電気消費量で第2位になっていて、これに入れなくていい食材入れないで、冬温度設定を弱にし、長期で家を空けるなら、空にして電源オフに。

電気量の4割占めているこの電気消費量を抑えることで、大幅な節約が期待できます。

今までの料金をいかに削るかといったことをばかりだと限界があり、家賃、保険の見直し買いのあるのは、すべて固定費の仲間で、これをいかに削っていくかに集中してみれば解決の道が見えるでしょう。

キッチンからできる小さなエコが大事

エコはエコロジーの略であり、生態系、環境の関連で温暖化、大気や水汚染や森林破壊など原因で、地球環境も悪化。

温暖化によって南極の氷が1割溶けると、何と日本は2割以上沈むのです。
そうならないように、家計に優しく、簡単に行える恵子活動を紹介。


まず食品をかいすぎないようにして、作り過ぎないこと。

食べ残しがないようにし、野菜は川に栄養があり、これも捨てないで全部利用してみれば恵子料理に。

生ごみを増やさないことは、処理施設の省エネとなり、二酸化炭素削減にもなります。

冷蔵庫の詰込みはやめ、熱い麦茶、煮ものもさまして入れてください。開けっ放しもやめましょう。

電気節約によって、火力発電所で燃やす石炭量が減ることで、二酸化炭素の排出量も減って、大気汚染も抑えられます。

蛇口から流れてくる水は毎分11~13リットルで、流しっぱなしで皿洗いしてはだめ。貯め洗いの数倍水を使うことに。

この節約は、水処理施設のエネルギー節約で、二酸化炭素排出を抑え、温暖化対策サポートになり、水道代も削減できます。

歯を磨く、髭を剃るとき水道はこまめに止めてください。

油でべとついてしまう皿は、新聞紙で汚れをふいて洗剤洗いしてください。

水節約で、脂が流れず下水汚水処理場でおエネルギー節約になり、二酸化炭素排出を抑えられて温暖化対策に。

1ℓ入り牛乳パック30枚で約5本のトイレットペーパーが再生でき、森林資源節約となり、森の生き物に優しいです。


この記事を書いたユーザー

fea このユーザーの他の記事を見る

SOHO

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス