会社や学校でのストレスの原因は、仕事や勉強よりも、ほとんどが人間関係。『職場の仲間』や『苦手な友達』などの人付き合いに疲れるという方も多いと思います。その悩みを一気に楽してくれる『2:8の法則』をご紹介させていただきます。

2:8の法則とは???

『2:8の法則』とは、「ほとんどの現象には、〔2:8〕程度のばらつきがある」
というもの。
『交通量の8割は、道路の2割に集中している』『じゅうたんのスリ切れの8割は、2割の面積で起きる』『全所得の8割は、人口の2割の富裕層が持つ』
など、多くの現象が、自然と2:8程度にばらける。これが、『2:8の法則』です。

こんな実験結果が。

この『2:8の法則』で、とても面白い実験をした人がいます。
アリは、働き者のイメージがありますが、8割のアリは、なんと…遊んでいるそうです!働いているのは、2割のアリだけ。
そこで、ダメな8割のアリを排除。よく働くアリだけのエリート集団を作って観察した。すると、どうなったか?その中の8割のアリは働かなくなったのです!
このように『2:8の法則』は自然の法則で、逆らえない原理のようです。

ある会社の社長さんが、『どれだけいい社員を入れても、職場が良くならないのです!』と嘆いていました。それを聞いた経営コンサルタントが、驚きのアドバイスをしました。『ダメな人を入社させてみなさい』
そこで、ダメな人を雇用してみると…社員たちに一体感が出てきて、みるみる会社が良くなったというのです。
『2:8の法則』に逆らわずにいることで、バランスが良くなってうまくいくのだそうです。

2:6:2の法則とも

『2:8の法則』は、『2:6:2の法則』と呼ばれることもあります。
『2:8の法則』が、『2:6:2の法則』と呼ばれる理由は、上にも、下にも、飛び抜けた2割がいるからです。
たとえば、学校のクラスで、運動の得意な子どもは2割、普通ぐらいの子どもが6割、運動の苦手な子どもが2割と、ばらつくのが普通です。1組はみんな成績が良くて、2組は不良ばかり、とか、新宿区の人はみんな働き者で、渋谷区の人はみんな怠け者、なんてこともありません。どこに行っても、だいたい、2:6:2程度でばらつきがあるものです。
『2:6:2の法則』に反することは、自然には起きません。世の中、あらゆることが「2:6:2程度で、うまくバランスをとっている」というわけです。

ということは

2:6:2の法則は、自然の摂理。それを受け入れることで、人間関係を気楽に考えることができます。「イヤな人」・「嫌いな人」を、「反対側の人」と考える。

もしも、あなたと意見が合わない人がいても気にすることはありません。
あなたと意見が合う人が2人いたら、当然、意見に反対する人も2人いる、ということです。そして、どちらでもない人が6人いるのです。
『2:6:2の法則』を知っていれば、何の利益もない討論や言い争いに無駄なエネルギーを使うことはありません。「この人は、自分と反対側の人なんだ」「自分に理解できない人が、2割はいるものだ」と、すぐに割り切ることができますね。
もしもあなたを嫌う人がいても、気にすることはありません。あなたに好意を持ってくれる人が2人いたら、あなたを嫌う人が2人いて当然なのです。

『2:6:2の法則』を理解していれば…「この人は、自分と反対側の人なんだ」「うまくバランスがとれてるみたいだ」と、割り切ることができます。
気の合う仲間が2人いたら、気の合わない人も、2人いて当然。意見の合う人が2人いたら、何を考えてるかわからない人も、2人いて当然なのです。
自然の法則に逆らわず受け入れることで、人間関係を気楽に考えることができます。

こう考えてみると、少しだけ人間関係を気楽に考えることができませんか?
ストレスがあって当たり前!時には受け流すことも大切かもしれませんね!

この記事を書いたユーザー

ひまわり このユーザーの他の記事を見る

東京生まれ東京育ち。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 料理
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら