寒くなってきましたね。身体が芯から冷えている。そんな感じがする方、いませんか?その症状、もしかして低体温かもしれません。

低体温の原因は?

低体温とは、体の中心部の体温が低い状態のこと。体内中心部の体温を保とうとするため、手足が冷たくなるので、症状は冷え性にも似ています。しかし、冷え性は、血行促進を重点的に対策するのに対し、低体温の場合は、内臓温度を上げることに重点をおかなければなりません。

最近は、冷暖房の普及で気温の感覚を覚える機能が不十分になりがち。これまでなら、寒ければ体を震わせて体温を上昇させ、暑いときには汗を出して体温を下げる。といった自然にしていた体の反応が起こりにくくなるなど、熱の産生量が低下したことも低体温が増えた原因のひとつとして考えられています。また、睡眠不足、朝食を摂らない、運動不足なども低体温に影響していると考えられています。

低体温のデメリット

通常、人間の体温は平均36.5度といわれています。これは、体内の酵素が活性化される温度。しかし、低体温の場合、この酵素の働きが低下してしまいます。これにより新陳代謝が悪くなり、免疫力も低下してしまう。免疫力が低下するとアレルギーや生活習慣病になりやすくなります。疲労しやすく、抵抗力も弱くなるため風邪もひきがちに。健康のためにも改善したいですね。

<改善のポイント>
・起床、食事、就寝の生活リズムを整える
・朝食はしっかり食べさせる
・体を動かして基礎代謝をアップさせる
・冷房などエアコンをきかせすぎない

とくに体を動かすことはとても大事なこと。体をしっかりと動かすことで、筋肉が鍛えられ、血液循環が活発になります。それにより酵素の働きも活性化。また、基礎代謝量も上がり痩せやすくなる効果も。

ちなみに筆者も2年ほど前までは低体温に悩まされ、身体の深部の冷えを感じていましたが、定期的な筋トレによってだいぶ解消され、寒さに強くなりました!!
今年の冬こそ、低体温解消を目指しましょう!!

この記事を書いたユーザー

ひまわり このユーザーの他の記事を見る

東京生まれ東京育ち。

得意ジャンル
  • スポーツ
  • 料理
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • コラム

権利侵害申告はこちら