今回は、癌に侵され、余命いくばくもないあるカントリーシンガーのお話です。彼女のことを知った時、涙が溢れて仕方がありませんでした。

出典 http://thislifeilive.com

病院のベッドで愛娘を抱く母。久しぶりの再開に、母は娘に歌を歌って聞かせました。病室は愛に包まれ、彼女の姿は周囲の者の涙を誘いました。

母は娘と過ごすために帰ってきた

出典 http://thislifeilive.com

ほんの1年前までは、笑顔に包まれた家族でした。敬虔なクリスチャンで、田舎を愛する二人です。

カントリーシンガーのジョーイ・フィーク(Joey Feek)さんは、およそ1年前に子宮頸癌を発症しました。その日以来、幾つもの手術や抗癌剤治療を受けて来ましたが、症状は一向に改善せず、医者からは余命の宣告を受けるまでになっていました。そして先日、病院は彼女の意思を尊重し、自宅療養に切り替えて、残った時間を愛娘と過ごせるように取り計らったのです。

出典 http://thislifeilive.com

ジョーイさんを挟んで、ローリーさんの娘(両側二人)ホーピーさんとハイジさん、そして中央がインディアナちゃん。

夫のローリー・フィーク(Rory Feek)さんには二人の娘がいます。ジョーイさんと暮らし始めてから、かれこれ12年が経とうとしています。彼女達との関係は良好で、実の母と娘以上に仲良く暮らしていました。そして、ジョーイさんが癌を発症するほんの少し前に、末の娘であるインディアナ(Indiana)ちゃんを授かたのです。

出典 http://thislifeilive.com

二人は12年前に結婚しました。

2014年から闘病を続けて来たジョーイさんにとって、前回病院を訪れたのが最後の治療となりました。数日前、あまりの苦痛に耐えられず病院にやって来たジョーイさんは、これ以上は手の施しようがない事を主治医から告げられます。そのときのやるせない心境を、ローリーさんはブログに記していました。

出典 http://thislifeilive.com

ファンから送られたデジタル絵本。録音できるようになっており、読者の声が残せます。いつかインディアナちゃんが大きくなって、お母さんの声を聞きたくなった時のために。

「彼女は、どれだけ娘達を愛しているかを、そしてどれだけ彼女達の母親になれたことを誇りに思っているかを話していました。さらに、彼女達を残して逝くなどとは考えてもみなかったことを、語って聞かせたのです」

出典 http://thislifeilive.com

上二人の娘と。血の繋がりよりも心の繋がりが家族を作ります。

癌治療を断念し自宅へ帰ることを決めたとき、二人は娘達にこう話しました。
「お母さんは、死ぬために病院を出るんじゃないからね、生きるために家に帰るんだ」
娘達をそれ以上悲しませないための配慮でした。しかし、葛藤は拭えませんでした。

「誰も永遠に生きる人なんていないさ。でも、今があるじゃないか。そして、それだけで十分だろう」残された娘達を思えば、今にすがるしかない苦しみが伝わってきます。

出典 http://thislifeilive.com

あどけないインディアナちゃん。彼女のことを考えると、当事者ではない筆者も胸が痛みます。

ローリーさんのブログには、やるせない心模様が漠然とした言葉で綴られています。

「『妻は失意のどん底にいます』なんて言ってみても、伝わるはずもないよね。怖くなんかないと
言えば嘘になる。こんなの、誰か他の人に起こることだと思っていたよ、僕達にじゃなくてね。でも、覚えておかなきゃならないんだ、僕達も他の誰かと同じだってことを。他の誰かも僕達と同じだってことをね」

目前に控えた悲劇を伝えるには、言葉は既に用を成さなくなっていたのかもしれません。

出典 http://thislifeilive.com

抗癌剤治療で髪の毛を失ったジョーイさんを励ますために、全員が髪を切りました。別れを悟った彼らには、もはや涙は必要ないようです。

ローリーさんは、ジョーイさんが娘達に別れを告げる姿を目にしながらも、あえて家族の笑顔で集まる写真をアップし、涙を微笑みに変えてこう締めくくっています。

「縁側から笑顔で、だって僕らはそのときを既に悟っているからね、例えジョーイに何が起ころうと、彼女は僕達といつも一緒だからさ」

敬虔なクリスチャンである彼らは、全てを神に委ねたようです。

最後に

「いつまでもあると思うな親と金」などと言うことわざがありますが、金はともかく、生ける者には寿命が付きものです。孝行をしようと思えば親はなく、後悔に胸を痛める人も少なくはないかもしれません。ジョーイさんの場合はその立場が逆転しただけで、言い知れぬ心残りが胸を貫いているのでしょう。残された僅かばかりの時間を、どうか安らかに過ごされることを願っています。

この記事を書いたユーザー

ワードプロバイダー このユーザーの他の記事を見る

今季おススメのアニメは「うしおととら」。海外ドラマでは「ブラックリスト」。これまでに見た映画の中では、個人的トップ10の常連である、「フィッシャー・キング」です。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • スポーツ
  • ライフハック
  • グルメ
  • 料理
  • 暮らし
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス