携帯電話をたくさんの人が持つようになって、恋愛も変わりました。
付き合いだしてみると「携帯ルール」があったりします。
それは、人それぞれ、相手によってかなり違いがあると思います。

携帯ルールで私が破ったら絶対不幸になると思うことがあります。
それは、相手の携帯電話を盗み見ることです。
私は一切したことがありません。
というか、盗み見ること自体、人としてどうなの?というのと絶対に嫌な気持ちになるとわかりきっているからです。
浮気でなくても、知りたくなかった言葉や人間関係が見えてきてしまいます。
あえて、知らない方が幸せなことがあります。

私がした恋愛携帯ルール

出典足成

実際に20代の頃、私がした恋愛携帯ルールがあります。
それは、「1日1回は電話すること」でしたが、これは全く続かなかったです。
今思い返すと、当たり前のこと。
仕事をしている男性が、1回でも電話できる時間が毎日とれるとは限りません。
けれど、当時は仕事中にトイレに行く時に、電話すればいいじゃんと言っていました。
理由はやはり声が聞きたかったからでした。
ごく短い時間だけの電話で幸せを感じていました。

次に「1日1回メール」ルールをしました。
まだ、LINEがない時代なので、メールで「今度いつ会える?」に答えるような形です。
今思い返すと、私の自己満足に過ぎなかったと思います。
けれど、今LINEの時代になりましたが、1日1回でも返事が来ると嬉しいと思っています。
ある意味まだ「1日1回連絡」ルールは継続中かもしれません。
なんせ、今恋愛してないので、わかりません。

携帯電話の待ち受け画面恋愛ルール

出典足成

これは私だけでなく、たくさんの人が経験があると思うのは携帯電話待ち受け画面恋愛ルールです。
これは、恋人同士の2人が写っている画面を待ち受け画面にというルールです。
私は相手に強制はしませんでしたが、相手が待ち受け画面にしれくれたら、嬉しかったはずです。
そう、未だに経験がありません。

私は恋人になると進んで自分から2人が写っている画面を待ち受け画面にしたい人です。
なので、そのために一緒に写真を撮ってとお願いはしました。
その程度なら相手も協力してくれていました。

イルミネーションがキレイな場所やアミューズメントパークなど、そういう場所で撮ってもらうことが多かったです。
待ち受け画面にするから撮ると言うと嫌がる人もいそうなので、デートで出かけた先で撮ってました。

なぜに待ち受け画面にするのか?というと。
いつでも、どこでも相手の顔がすぐに見たいからです。
2人でならより嬉しいです。
本来は気持ちが大事でどれだけ相手を想っているかですが、女性ならではの常に一緒感が味わえます。

男性の恋愛携帯ルールとは?

出典足成

男性の恋愛携帯ルールというとすぐに浮かんできません。
私のイメージでは恋愛ルールを作ること自体女性がするものという感じがします。
逆に男性が恋愛携帯ルールを作ると窮屈なルールが出来上がった例を知っています。

とある友人の相手が、一緒に居て携帯を触るなら理由を言うというルールを課せられました。
要は自分と居る時は、携帯ばかり見ないで欲しいという気持ちからでしょう。
でも、友人は携帯で翌朝のアラームの時間設定をしている時に、理由を言うのを忘れただけで、いきなり携帯を折られてしまったのです。
確かにルール違反ではありますが、アラーム設定するからねと言わねばならない時点でもはや窮屈でしかありません。

やはり、恋愛の携帯ルールは女性が作りたがるし、作るものなのかなと思いました。
男性が作る際には、女性が窮屈がらないようにしたいものです。

ちなみに、恋愛携帯ルールすらない私の今現在の待ち受け画面は日替わりで、力士か新日本プロレスの選手であります。


明芽メールマガジン
http://www.mag2.com/m/0001669191.html

この記事を書いたユーザー

明恵 このユーザーの他の記事を見る

ライターとしてセキセイインコと同居するインドア派!
ハンドメイド作品をチェックし購入することが大好きです!
1人でも多くの人に知ってほしいことを発信していきます。

得意ジャンル
  • インテリア
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • おもしろ
  • ニュース
  • 音楽
  • 話題
  • 社会問題
  • スポーツ
  • インターネット
  • ライフハック
  • 育児
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら