朝のコンビニで、夜のスーパーで、私は本当にその邪悪なフレーズを心から恐れている。「ポイントカードはお持ちですか?」
店員は、当然のようにその邪悪なフレーズを私に投げかける。
「持ってません」
たったこれだけのレスポンスなのに、どうしてここまで疲弊するのだろう。そのやり取りの数秒間を失うことよりも、そのエネルギー消費がどうしても耐えられない。
「Tポイントカードはお持ちですか?」「pontaカードはお持ちですか?」「nanacoカードはお持ちですか?」
店に入った瞬間、その質問に応えることが憂鬱になる。
「ポイントカードはお持ちですか?」ってそろそろ法律で禁止にしませんか?

出典 http://www.goodbyebluethursday.com

このようなブログの書き込みが今話題になっています。

全文が気になる方はこちらを読んでいただくとして…。

このポイントカードを法律で禁止がTwitterでかなり話題になっています。

賛成派の意見

反対派の意見

悩む声…

皆さんはどう思いますか?

現状ポイントカードを法律で規制するとまでの意見の人は少ないように見受けられますが、確かに毎回作りますかと聞かれると面倒くさいのは面倒くさいですよね…。
私はかたっぱしから作るのであまり困っていませんが…。
賛成派の意見が少ない一方で反対派の意見はかなり辛辣な意見が多く見受けられます。

ポイントカード自体1%でもお金が返ってくればお得と考える人の方が多いのでしょうか…?
このブログの筆者の方は、ポイントカードは持っているけど数円の為に出すのは嫌だと思っているようで、電気屋などの高額ポイントに関しては出すようです。

皆さんはこの論争どうおもいますか?

この記事を書いたユーザー

いつか笑って過ごせる日まで このユーザーの他の記事を見る

いつか笑って過ごせる日までと申します。 起業家でフリーライターです。政治からゴシップネタまで幅広く手掛けています。 残念ながら今はまだ貧乏人です…。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • インターネット
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス