スロットを打って
勝ち逃げできる感覚と、
タバコを吸って
至福の一服を
満喫できる感覚は
とても似ている。

どちらも簡単ではない。
どうすれば
勝ち逃げできるか、
どうすれば
至福の一服だけを
楽しめるか、
難しいことだから
簡単に思えるまで
考えを深める。

本当に難しいことは
簡単にできるように
考えることもできるが、
本当は簡単なのに
難しく考えてしまうと、
その考え方を
変えるのは苦難になる。



好きなことをするのと
好きなことを
美味くするのとでは
話が全然違ってくる。

好きなことをする場合、
スロットなら
負けてもいいから
気が済むまで打ったり、
タバコなら
不味くてもいいから
吸いたいだけ吸うなど、
不幸せな結果を生む
可能性が高くなる。

好きなことを
美味いところだけ
楽しむとなると、
「敢えて楽しまない」
という一つの技術が
必要になるのだ。



スロットで勝てない人、
タバコを美味く
吸えない人は、
「したいから
不味くてもする」
ことしかできない。

それはそれでいいのだ。
したいからしてる、
後悔はないだろう。

ただ、本当は
美味いところだけ
楽しみたいと
思うのであれば、
自分の中の
「美味い瞬間」だけ
好きなことを楽しむ
練習をしてみたら
いいと思う。



【愛煙セラピー「2063」】 

『スロットで勝ち逃げ、
タバコで至福の一服、
どちらも簡単ではない。
しかし考え方次第で
美味い瞬間だけを
楽しめる技術を
磨くことはできる。』

2015/11/07
愛煙セラピスト
志村嘉仁

簡単ではないが、
簡単にできるように
考えられる能力を
誰もが与えられている。

一昔前は
専門家しか知らないし
できなかった技術が、
今では小学生、
下手すれば園児でも
当たり前なこととして
使えていたりする。

「先入観のない発想」は
天才である子供たちには
敵わないから、
子供たちの動きを見れば、
今の苦悩が
一瞬で解決することも
かなりあると思う。

この記事を書いたユーザー

愛煙セラピスト 志村嘉仁 このユーザーの他の記事を見る

こんにちは。
愛煙セラピストの志村嘉仁(しむらよしひと)です。
タバコをやめたい人へのメッセージを配信しています。

得意ジャンル
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス